発泡ウレタンの専門家

1/4ページ

発泡ウレタンのスプレーを使ったウレタン断熱や気密充填、現場発泡できるスプレー缶式発泡ウレタンの魅力をまとめる。

発泡ウレタンスプレー

発泡ウレタンを学び始めてから25年以上の月日が流れました。当初は外資系メーカーの日本法人という立場で先輩方と共に手探りで発泡ウレタンを学んでいましたが、やがて、自社ブランドのエアゾール缶式発泡ウレタン […]

現場発泡のウレタンメーカーはどこの会社が良いのか、ウレタン施工業者の腕は信頼できるレベルなのか。

ウレタンで現場発泡の吹付断熱ができる現場発泡ウレタン。住宅建築で断熱材の採用は必須な時代ですが、それなりに断熱材コストもかかってきます。 「いいな」と思える自分が満足できる断熱材を選びたいものです。断 […]

発泡ウレタンを使用してキャンピングカーやバスやワンボックス車をDIYで断熱、保冷車のように車を断熱する方法。

発泡ウレタンで車の断熱や防音

発泡ウレタンを使用してキャンピングカーやバスや1ボックス車をDIYで保冷車レベルに断熱する方法。 発泡ウレタンをお買い上げ頂いたお客様における車の改造で断熱事例や防音気密性を基に発泡ウレタンスプレーを […]

発泡ウレタンのエアゾール缶、硬質ウレタンのDIYをお勧めする理由はどこにあるのか。

硬質ウレタンフォームの断熱材

発泡ウレタンを活用したスプレー缶式硬質ウレタンのDIYをお勧めする理由。 硬質ウレタンフォームを自分で施工できるスプレー缶式発泡ウレタンの基礎知識について考える。 発泡ウレタンはプロから見ると、別に便 […]

保温性を高めるなら発泡ウレタンが便利、浴槽お風呂の断熱やユニットバスの断熱保温を強化するDIYを解説。

発泡ウレタン 保温性と保冷性を高める材料

ユニットバス保温、浴槽お風呂の断熱強化もDIYでできる発泡ウレタン。湿気に強い独立気泡の硬質ウレタンフォーム『エアータイトフォーム』は断熱性はもちろんのこと、保温性や保冷性にも効果が高い。浴槽お風呂の […]

発泡ウレタンの防水性、ウレタンフォームの硬質タイプを接着や隙間充填で密着させる止水層や防水層の施工方法。

発泡ウレタンの接着性

発泡ウレタンの缶から出てくるウレタン原料には発泡接着性があり、硬質のタイプは防水バックアップや気密施工でも使えます。スプレー缶になった硬質ウレタンフォームなのでハンドリング性能よく使用できる。独泡で仕 […]

発泡ウレタンのスプレー缶を調査、安物の中国製や韓国製の輸入品は品質がイマイチ?

発泡ウレタン 接着性

発泡ウレタンスプレーで怪しいオープン価格のメーカー品が存在する。品質など物が良いとか悪いは別として、そういったメーカー品は、知らぬ間に、便乗値上げが毎度のこと。 東日本大地震が起きた混乱の中で、通販の […]

折板屋根やガレージや物置や押し入れの結露防止、暑さ対策や寒さ対策で発泡ウレタンをDIYで使ってみよう。

折板の屋根、ガレージや物置など部分的な断熱、押し入れの結露防止や断熱など発泡ウレタンスプレー缶を活用して、住宅の小屋裏、屋根や天井面へ発泡ウレタンを小規模に施工するDIYのテクニックと考え方をまとめて […]

発泡ウレタン断熱材工事とは細かい箇所ほど気配りが大切、健康住宅の断熱仕上げ材でシンプルに発泡ウレタンを活用。

セルロースファイバー断熱材

健康住宅など住宅建築では現場発泡のウレタンや現場充填のセルロースファイバー断熱材の施工は隙間なくみっちり壁の中に納まるのは見ていてすごい。 セルロースファイバー断熱材や現場ウレタン断熱材などの施工では […]

日本市場で初のノンフロン発泡ウレタンスプレー缶、業界で先陣切って発売を開始してからの誕生16年間。

日本で最初のノンフロン発泡ウレタンスプレー缶を発売開始してから16年が経った。 発泡ウレタンスプレーの仕事を開始して25年ほど経過したが、周りの諸先輩は引退される方も増えてきたので、当時を振り返ってみ […]

発泡ウレタンの正しい選び方、補修用の現場発泡ウレタンはガンタイプで発泡施工した方が良い理由とは。

1液性発泡ウレタンスプレーの缶はガンタイプとして専用の吐出ガンを缶につないで使うのが基本推奨されている。発泡ウレタンは専用吐出ガンを使用しなくてもストロー状のノズルで使うことも可能(但し、廉価版の商品 […]

発泡ウレタンの発泡性を活用する空洞注入、硬質のウレタンフォームの特徴を活かす発泡ウレタン断熱材以外の使いみちに着目。

現場発泡の硬質ウレタン

発泡ウレタン空洞注入の用途など硬質ウレタンフォームの特徴を活かす発泡ウレタン断熱以外の使いみち。 現場発泡ウレタンを断熱材として考える。硬質ウレタンフォームで独立気泡構造の現場発泡硬質ウレタンフォーム […]

発泡ウレタンは車の中に放置するのは禁止、エアゾールのスプレー缶は車内や荷台でも保管できません。

スプレー缶 高温に注意

発泡ウレタンのスプレー缶は絶対に車内では保管しないこと。夏場は特に危険です。直射日光の当たる車内は窓を開けていてもエアゾール缶を車内放置すると、最悪は破裂、液漏れやガス漏れを起こします。特に建築現場系 […]

断熱と保温の違い、耐水性ある硬質発泡ウレタン断熱材と軟質発泡ウレタン保温材は違うもの。

発泡ウレタン保温材

エアゾール缶式の発泡ウレタンの用途は現場発泡ウレタン断熱材での使いみち、耐水目的や防水バックアップ、発泡ウレタン保温材といった使いみちもあるが、そもそも、断熱材と保温材は何がどう違うのだろうか。 発泡 […]

期間限定販売のエアータイト社製高品質発泡ウレタン、最新バージョンの発泡ウレタンガイドを配布開始。

限定販売のエアータイト社製高品質発泡ウレタン。エアータイトフォーム最新バージョンの発泡ウレタンガイドを配布開始。 エアータイトフォーム発泡ウレタンガイドVol.1はLサイズのリーフレットです。 仕上が […]

発泡ウレタンの質問、問い合わせする前に最低限覚えておくこととは。

発泡ウレタンスプレー製品を活用するには使用方法と施工方法の二つをマスターすることが基本中のキホンである。もちろん、正しい施工こそが正しい効果を発揮できる。誰にでも簡単というのはありえない。作業者は発泡 […]

型取りや隙間埋めで発泡ウレタンを使用、発泡圧力を気にするべきか発泡圧は気にしないでも大丈夫か。

発泡ウレタンスプレーで型取りや隙間埋めをする際に注意したいのが発泡圧。エアータイトフォームは発泡して固まる材料。発泡の定義は違うにせよ、発泡ウレタンや炭酸飲料の泡は、気泡がたくさん集まり、液体か固体か […]

発泡ウレタンは断熱材ではない、そもそも発泡ウレタンは本当に断熱材として適しているのか。

発泡ウレタンフォームは断熱材ではない。発泡ウレタンついて色々な用途相談などの施工技術開発の相談を受けているが、もちろん、従来品では難しい用途、新製品でなければ対応できないような用途もある。発泡するウレ […]

ウレタンでコスプレ造形や工作材料、エアゾールの発泡ウレタンならワンオクやオリジナルの造形でいろいろ活用ができる。

コスプレ造形や工作で発泡ウレタンのスプレー缶がオリジナルで便利に活用できる。発泡ウレタンスプレー缶のエアータイトフォームはコスプレ造形や工作美術のアート材料としても使われている。 販売者側で蓄積された […]

気密性を高める発泡ウレタン、類のない魅力を感じるエアータイト社製の発泡ウレタングレーのMタイプとは。

気密性を高める発泡ウレタンのエアータイトフォーム。発泡接着するから隙間を埋める材料としても便利に使える。オススメする発泡ウレタンスプレー缶が約2年ぶりに生産品入荷。品番ATF502、グレー色に仕上がる […]

使いやすい発泡ウレタンスプレー缶のMサイズ、本物志向のエアータイト社製は吐出ガンでも使えるので丁寧なウレタン施工ができる。

発泡ウレタンの専門店エアータイトが「エアータイトフォームM」の卸売りのテスト販売を開始。商用の割引条件は箱単位の出荷。エアータイト特販部、エアータイト認定代理店より全国配送を順次開始。 発泡ウレタンス […]

プロが選び抜いた発泡ウレタン、スプレー缶式ウレタンフォームの流通と仕入れ業者の選び方。

賢い発泡ウレタンスプレーの買い方がある。発泡ウレタンの販売方法は3通りだ。メーカー直接、業者ルート、小売店での販売である。 発泡ウレタンスプレー缶の販売に限ってのことではないが、特別な販売ルートさえ見 […]

発泡ウレタンスプレー缶で電気温水器の保温保冷、タンクやエコキュートの断熱性能を向上させるウレタン断熱がおすすめ。

電気温水器と発泡発泡ウレタン

電気温水器を分解、タンク部分には断熱材が硬質発泡ウレタンではなく、安っぽいグラスウールが包んで挟まっているだけ。これでは保温性はいまいちだ。 電気温水器の温度は80℃位にキープされる仕組みだが、保温断 […]

発泡ウレタンスプレーのメーカー品の違いに注意、缶サイズが同じでも使用量が違うメーカー品が存在する。

値引きしなければ獲得できない顧客はいないが、値引きしなければ通用しない用途もある。発泡ウレタンスプレー缶の販売者として、技術や商品価値を充分に理解した上できちんと商品を販売したいと考える。 エアータイ […]

プロが考える発泡ウレタの必要十分条件、スプレー缶式の発泡ウレタンとは何かを考える。

発泡ウレタンのスプレー缶製品を専門に取り扱っているため、知らぬ間に、発泡ウレタンのメリットやデメリットを追及していることが多い。他社のような物売りではないため、発泡ウレタンの考え方とか意識を変えたいと […]

スプレー缶式発泡ウレタンの中身、できあがる発泡体の密度。

発泡ウレタンのスプレー缶からできあがるウレタンフォームの密度は、1立方メートルで20から30キログラム前後。極端に硬く仕上げることはできないが、気泡を細かく仕上げるには、いくつかのノウハウがある。 発 […]

発泡ウレタンが手に付いた、飛び散って汚れたりなど発泡ウレタンスプレーの液は固まるまで付着汚れに要注意。

発泡ウレタンの耐火性や勘違い

発泡ウレタンが手に付いたり、汚れ、飛び散ったというの施工失敗が増えているようだ。発泡ウレタンは闇雲に使うと泡を触ってしまったり汚れやすい。SNSやブログで成功と失敗談も増えている。入れ過ぎたりせず、発 […]

ビバリウムで発泡ウレタンの活用法、造形アートでテラリウム水槽やアクアリウム水槽の背景バックボードを発泡ウレタンで造形する方法。

ビバリウムで発泡ウレタンを使ったテラリウム水槽やアクアリウム水槽の背景バックボードを発泡造形する世界に一つだけのアート水槽。 動植物の生体生息環境を再現するビバリウムという世界でも、発泡ウレタンのエア […]

発泡ウレタンの収縮を知る、硬化した直後の形状と発泡ウレタンの寸法安定性を考える。

発泡ウレタンのスプレー缶とは何か基礎知識を振り返る。発泡倍率の見方は吐出して1分後の大きさを基準として硬化するまでに体積で約2倍になるものだ。 現場発泡ウレタンは形ができあがっている商品ではなく、施工 […]

1 4