発泡ウレタンスプレーの専門家

スポンサーリンク
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンスプレー缶を使ったウレタン断熱材、現場発泡ウレタンの魅力をまとめる。

発泡ウレタンスプレー缶を学び始めてから25年以上の月日が流れました。当初は外資系メーカーの日本法人という立場で先輩方と共に発泡ウレタンを学んでいましたが、やがて、自社ブランドの発泡ウレタンスプレーを開発商品化したり、取引先へのOEM提供などと、結果論、発泡ウレタンスプレー専門で様々な業務をしてきました。しかし、スプレー缶式発泡ウレタンという材料に疑問を持つことも多かったです。 正直、もっと良...
発泡ウレタン 推奨商品

現場発泡ウレタンはどの吹付断熱材のメーカー品が良いのか。

現場発泡で吹付断熱ができる現場発泡のウレタン。住宅建築で断熱材の採用は必須な時代、それなりに建築コストも必要です。 「いいな」と思える自分が満足できる断熱材を選びたいものです。断熱材の分野で採用が急成長した「吹き付け現場発泡ウレタン断熱材」ですが、果たして、どのメーカー品がオススメなのか考えてみる。 現場発泡ウレタン(現場発泡の吹付断熱材)はマンションや戸建建築や倉庫などで採用される断熱材...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンを使用してキャンピングカーやバスや1ボックス車をDIYで保冷車レベルに断熱する方法。

発泡ウレタンを使用してキャンピングカーやバスや1ボックス車をDIYで保冷車レベルに断熱する方法。 発泡ウレタンのエアータイトフォームは接着して固まる断熱材として様々に活用できます。 今回はお客様における車の改造で断熱事例や防音気密性を基に発泡ウレタンスプレーを使った車の断熱DIYの工夫をご紹介します。 発泡ウレタンのエアータイトフォームは湿気に強い独立気泡の硬質ウレタンフォームです。...
スポンサーリンク
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンスプレーを活用する硬質ウレタンのDIYをお勧めする理由。

発泡ウレタンスプレーを活用する硬質ウレタンのDIYをお勧めする理由。 硬質ウレタンフォームをDIYで自分で作れるスプレー缶式発泡ウレタンの基礎知識について。 硬質ウレタンフォームとは断熱材か。 プラスチックを発泡させたフォームの種類にはポリウレタンやポリスチレンなどの発泡体があります。 化学的な難しいことは別としてもプラスチックを発泡させるとどうなるのか。 軽くなる。...
発泡ウレタン 技術実験

保温性を高める発泡ウレタンで浴槽、お風呂の断熱、ユニットバスの保温を強化するDIYを解説。

ユニットバス保温、浴槽お風呂の断熱強化もDIYでできる発泡ウレタン。湿気に強い独立気泡の硬質ウレタンフォーム『エアータイトフォーム』は断熱性はもちろんのこと、保温性や保冷性にも効果が高い。浴槽お風呂のバスタブ裏面への発泡ウレタン断熱施工テクニックとユニットバスの断熱DIY施工のポイントを考える。 ユニットバスの断熱材や造作風呂の浴槽断熱など、保温性や保冷性が重要視されるものと言えば、クーラーボッ...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンの防水性、接着、隙間充填で密着させる止水層や防水層の施工方法。

発泡ウレタンスプレー缶から出てくるウレタン原料には発泡接着性があり、防水バックアップや気密施工でも使えます。スプレー缶になった硬質ウレタンフォームなのでハンドリング性能よく使用できる。独泡で仕上がり、自己接着性を持ち併せ、断熱と防音、軽くて丈夫、などと一般的な単一材料では対応できない多様性ある使い方を感じたい。 自分で好きな形に発泡させながら使えるエアータイトの硬質発泡ウレタンは、硬化する時の接...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンスプレーを調査すると安物の中国製や韓国製の輸入品は品質はイマイチ?

発泡ウレタンスプレーで怪しいオープン価格のメーカー品が存在する。品質など物が良いとか悪いは別として、そういったメーカー品は、知らぬ間に、便乗値上げが毎度のこと。 東日本大地震が起きた混乱の中で、通販のアマゾンにて『乾電池4個』で1万7000円前後で販売するような業者が現れていたことについて考える。 我が国の経済産業省は震災当時、コンビニや小売などの関係団体に震災による便乗値上げ防止を要...
発泡ウレタン 技術実験

折板屋根やガレージや物置や押し入れの結露防止や暑さ対策で発泡ウレタンをDIYで使おう。

折板の屋根、ガレージや物置など部分的な断熱、押し入れの結露防止や断熱など発泡ウレタンスプレー缶を活用して、住宅の小屋裏、屋根や天井面へ発泡ウレタンを小規模に施工するDIYのテクニックと考え方をまとめてみた。 倉庫や物置やガレージ、押し入れの結露で困っている方からの相談を多く受けてきました。 業者に依頼するほどの規模でもなくDIYで作業するなら、住宅の小屋裏、屋根や天井だけではなく、物置やガ...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタン断熱材は仕上げこそ重要。健康住宅の断熱仕上げ材でシンプルに発泡ウレタンを活用する。

健康住宅など住宅建築では現場発泡のウレタンや現場充填のセルロースファイバー断熱材の施工は隙間なくみっちり壁の中に納まるのは見ていてすごい。 セルロースファイバー断熱材や現場ウレタン断熱材などの施工では、発泡ウレタンスプレー缶は断熱材ではなく、断熱仕上げ材として使うのが良い理由。 発泡ウレタンスプレーはサブとして様々な断熱材と一緒に使うと断熱気密がきちんとできるのでオススメですが、その他にも...
発泡ウレタン 販売商品

日本で最初の市場初でノンフロン発泡ウレタンスプレー缶を発売開始してからの誕生16年。

日本で最初の市場初でノンフロン発泡ウレタンスプレー缶を発売開始してからの誕生16年。 発泡ウレタンスプレーの仕事を開始して25年ほど経過したが、周りの諸先輩は引退される方も増えてきたので、当時を振り返ってみます。 当時、発泡ウレタンスプレーの競合品には全てフロンガスが含まれていた。 昔から売られていた発泡ウレタン商品は断熱性などの物性技術的には悪いものではなかったが、HCFCなど...
発泡ウレタン 販売商品

補修の現場発泡ウレタンはガンタイプで発泡施工した方が良い理由。

1液性発泡ウレタンスプレーの缶はガンタイプとして専用の吐出ガンを缶につないで使うのが基本推奨されている。発泡ウレタンは専用吐出ガンを使用しなくてもストロー状のノズルで使うことも可能(但し、廉価版の商品はノズルでしか使えない)だが、その作業性は雲泥の差。 1液性発泡ウレタンスプレーは断熱材で使ったり、発泡造形で使ったり、隙間充填や空洞注入で使ったりなど、他の材料ではできないことができるユニーク...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタン空洞注入の用途など硬質ウレタンフォームの特徴を活かす発泡ウレタン断熱以外の使いみち。

発泡ウレタン空洞注入の用途など硬質ウレタンフォームの特徴を活かす発泡ウレタン断熱以外の使いみち。 現場発泡ウレタンを断熱材として考える。硬質ウレタンフォームで独立気泡構造の現場発泡硬質ウレタンフォーム、連続気泡構造の現場軟質発泡ウレタンフォーム。「現場発泡」と言う呼び名がつく硬質ウレタンフォームと軟質ウレタンフォームの違いとは。 現場発泡のウレタンには自分で簡易に施工する缶タイ...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンは車の中に放置したりなど、エアゾールのスプレー缶は車内や荷台で保管できません。

発泡ウレタンのスプレー缶は絶対に車内では保管しないこと。夏場は特に危険です。直射日光の当たる車内は窓を開けていてもエアゾール缶を車内放置すると、最悪は破裂、液漏れやガス漏れを起こします。特に建築現場系の移動車はご注意ください。 スプレー缶は発泡ウレタンに関わらず、製品が高温にならないように注意することが基本中のキホン。絶対に窓を閉め切ったような車の中には保管しないでください。絶対に直射日光が...
発泡ウレタン 販売商品

断熱と保温や耐水性、発泡ウレタンの断熱材と発泡ウレタンの保温材は違うのか。

エアゾール缶式の発泡ウレタンの用途は現場発泡ウレタン断熱材での使いみち、耐水目的や防水バックアップ、発泡ウレタン保温材といった使いみちもあるが、そもそも、断熱材と保温材は何がどう違うのだろうか。 発泡ウレタン断熱材には断熱性がある。断熱性があるから断熱材なので、何ら工夫があるわけではない。自慢げに発泡ウレタンは優れた断熱材などと語る必要もない。 建材などで断熱材の種類はグラスウールやロ...
発泡ウレタン 推奨商品

限定販売のエアータイト社製高品質発泡ウレタン「エアータイトフォーム」最新バージョンの発泡ウレタンガイドVol.1の配布を開始。

限定販売のエアータイト社製高品質発泡ウレタン「エアータイトフォーム」最新バージョンの発泡ウレタンガイドVol.1の配布を開始。 下記リンクは直接ダウンロードです。エアータイトフォーム発泡ウレタンガイドVol.1はLサイズのリーフレットです。仕上がりA4で二つ折りの展開A3。PDF形式で無料でダウンロード閲覧できます。 エアータイトフォーム発泡ウレタンガイドVol.1(表面) A4仕上が...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンの質問で問い合わせをいただく前にお読みください。

発泡ウレタンスプレー製品を活用するには使用方法と施工方法の二つをマスターすることが基本中のキホンである。もちろん、正しい施工こそが正しい効果を発揮できる。誰にでも簡単というのはありえない。作業者は発泡ウレタンをノズルタイプで使うのか、ガンタイプで使うのか、この選択が最も重要である。 発泡ウレタンの使用方法 発泡ウレタンの施工方法 発泡ウレタンのスプレー缶から出てくる原料は...
発泡ウレタン 技術実験

型取り、隙間埋めで発泡ウレタンの発泡圧力を気にするべきか、発泡圧は気にしないでよいのか。

発泡ウレタンスプレーで型取りや隙間埋めをする際に注意したいのが発泡圧。エアータイトフォームは発泡して固まる材料。発泡の定義は違うにせよ、発泡ウレタンや炭酸飲料の泡は、気泡がたくさん集まり、液体か固体かは異なるが、気泡が薄い膜で隔てられている状態のもの。 型取りや隙間埋めでも使える発泡ウレタン。ウレタン樹脂を発泡させるので発泡ウレタンと呼ぶわけだが、プロ風で言うなら泡沫ウレタンと呼ぶのが通であ...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタンフォームは断熱材ではないという考え方を持つ。

発泡ウレタンフォームは断熱材ではない。発泡ウレタンついて色々な用途相談などの施工技術開発の相談を受けているが、もちろん、従来品では難しい用途、新製品でなければ対応できないような用途もある。発泡するウレタンスプレー製品の技術は奥が深い。 エアータイトは「ユーザーに身近なところに落とし込める発泡技術の提案」を大切にしているため、技術開発や商品開発における基本的な考え方は「現行の発泡ウレタンスプレ...
発泡ウレタン 推奨商品

コスプレ造形や工作で発泡ウレタンのスプレー缶がオリジナルで便利に活用できる。

コスプレ造形や工作で発泡ウレタンのスプレー缶がオリジナルで便利に活用できる。発泡ウレタンスプレー缶のエアータイトフォームはコスプレ造形や工作美術のアート材料としても使われている。 販売者側で蓄積された用途情報や技術情報の公開などサポートを徹底したことで「ユーザー側で使い勝手(説明書の充実)」が良くなった発泡ウレタン。 以前にもブログで書いている通りで「発泡ウレタンの必要十分条件」の定義...
発泡ウレタン 推奨商品

気密性を高める発泡ウレタン の魅力を感じる発泡ウレタングレーのMタイプをじっくりと振り返る。

気密性を高める発泡ウレタンのエアータイトフォーム。発泡接着するから隙間を埋める材料としても便利に使える。オススメする発泡ウレタンスプレー缶が約2年ぶりに生産品入荷。品番ATF502、グレー色に仕上がるエアータイト発泡ウレタンのMサイズ。通販のアマゾンでも全国販売を再開。 気密性を高めることができるエアータイトフォーム。目立ちにくいグレー色の発泡ウレタン。この製品は2007年にエアータイトから...
発泡ウレタン 販売商品

使いやすい発泡ウレタンスプレーのMサイズは吐出ガンでも使えるから丁寧にウレタン施工できる

発泡ウレタンの専門店エアータイトが「エアータイトフォームM」の卸売りのテスト販売を開始。商用の割引条件は箱単位の出荷。エアータイト特販部、エアータイト認定代理店より全国配送を順次開始。 発泡ウレタンスプレー「エアータイトフォームM」の仕様は、500ミリリットル缶のエアゾール缶モデル。 もちろん、廉価版の市販品とは異なり、エアータイトの発泡ウレタンはノズルタイプでもガンタイプでも使えるハ...
発泡ウレタン 販売商品

プロしか知らない発泡ウレタン、スプレー缶式ウレタンフォームの販売業者選び。

賢い発泡ウレタンスプレーの買い方がある。発泡ウレタンの販売方法は3通りだ。メーカー直接、業者ルート、小売店での販売である。 発泡ウレタンスプレー缶の販売に限ってのことではないが、特別な販売ルートさえ見つけることができれば、通常よりも安い値段で買える商品も少なくはない。 もちろん、中古品やアウトレットで販売されるような商品(あまり人気がない商品)ならば、破格とまではいかないとしても、相応に、...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンスプレー缶で電気温水器のタンクやエコキュートの断熱保温保冷をウレタン断熱する。

電気温水器を分解、タンク部分には断熱材が硬質発泡ウレタンではなく、安っぽいグラスウールが包んで挟まっているだけ。これでは保温性はいまいちだ。 電気温水器の温度は80℃位にキープされる仕組みだが、保温断熱不足だと電気代が勿体無い。もちろん、エアータイトの発泡ウレタンスプレーで断熱強化してみる。 相変わらず、発泡ウレタンについての問い合わせ相談が増えています。 保温や造形や工作など様々で...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンスプレーはメーカーによって缶サイズが同じでも使用量が違う。

値引きしなければ獲得できない顧客はいないが、値引きしなければ通用しない用途もある。発泡ウレタンスプレー缶の販売者として、技術や商品価値を充分に理解した上できちんと商品を販売したいと考える。 エアータイト社の発泡ウレタンスプレーは市販品とは異なるハイモデルだ。発泡ウレタンに限らず、安物な商品のように値引きをしなければ獲得できないような顧客を好意とはできない。 よい商品やサービスに対する恩...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンスプレーの必要十分条件とは何か考える。

発泡ウレタンのスプレー缶製品を専門に取り扱っているため、知らぬ間に、発泡ウレタンのメリットやデメリットを追及していることが多い。他社のような物売りではないため、発泡ウレタンの考え方とか意識を変えたいというところに辿り着く。 世の中には20年選手、30年選手、40年選手、生涯現役といった方々も見受けられるが、本当に尊敬する。私は、25年近く、発泡ウレタンのスプレー缶という製品の発売元メ...
発泡ウレタン 技術実験

スプレー缶式発泡ウレタン からできあがる発泡体の密度。

発泡ウレタンのスプレー缶からできあがるウレタンフォームの密度は、1立方メートルで20から30キログラム前後。極端に硬く仕上げることはできないが、気泡を細かく仕上げるには、いくつかのノウハウがある。 発泡ウレタンの硬さと言うか、密度というか、お客様からの問い合わせで「気泡が荒くなってしまう」という内容の相談がたまにある。 一概に気泡が荒くなってしまうと言っても、荒いというイメージ自体に個...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタン とエアコン工事と低圧電力について考える。

発泡ウレタンスプレー缶を実験作業している場所が暑い。建物の断熱性能云々のレベルじゃなく、業務用エアコンの助けが必要だ。三相200Vのパッケージエアコンの稼働。 夏場の工場や倉庫は、発泡ウレタンやグラスウールやロックウール断熱材を施工すればいいとか、そういったレベルの暑さではない。汗もかく、喉もかわく。 省エネ、根性論じゃなく、エアコンをガンガンに効かせて涼しむのが手っ取り早い。というか...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンが手に付いた。汚れたり、発泡ウレタンスプレーは固まるまで付着汚れに注意。

発泡ウレタンが手に付いたり、汚れ、飛び散ったというの施工失敗が増えているようだ。発泡ウレタンは闇雲に使うと泡を触ってしまったり汚れやすい。SNSやブログで成功と失敗談も増えている。入れ過ぎたりせず、発泡することを前提に、テスト施工してから使うこと。 発泡ウレタンスプレーの泡は固まる前に触るとベトベトになる。発泡ウレタンは接着剤の一種を発泡させたものなので、手に付いたりすると10分ほどはベトベ...
発泡ウレタン 造形工作

ビバリウムでの発泡ウレタン活用法、テラリウム水槽やアクアリウム水槽の背景バックボードを造形する方法。

ビバリウムで発泡ウレタンを使ったテラリウム水槽やアクアリウム水槽の背景バックボードを発泡造形する世界に一つだけのアート水槽。 動植物の生体生息環境を再現するビバリウムという世界でも、発泡ウレタンのエアータイトフォームはマニアックに造形で使われています。 発泡ウレタンもマニアックですが、さらにマニアな世界であるアート水槽。 水生生物のアクアリウム、陸上生物のテラリウム、水陸混在のアクア...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンの収縮、硬化した後の形状、寸法の安定性を考える。

発泡ウレタンのスプレー缶とは何か基礎知識を振り返る。発泡倍率の見方は吐出して1分後の大きさを基準として硬化するまでに体積で約2倍になるものだ。 現場発泡ウレタンは形ができあがっている商品ではなく、施工したいサイズに現場発泡でウレタンフォームを作るもの。 1液性のスプレー缶式現場発泡ウレタンの場合、スプレー缶から出てくる泡は、湿気と常温の環境で発泡し、約2倍に発泡して固まる。これが1液性発泡...
スポンサーリンク