発泡ウレタン 造形工作

スポンサーリンク
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタンフォームは断熱材ではないという考え方を持つ。

発泡ウレタンフォームは断熱材ではない。発泡ウレタンついて色々な用途相談などの施工技術開発の相談を受けているが、もちろん、従来品では難しい用途、新製品でなければ対応できないような用途もある。発泡するウレタンスプレー製品の技術は奥が深い。 エアータイトは「ユーザーに身近なところに落とし込める発泡技術の提案」を大切にしているため、技術開発や商品開発における基本的な考え方は「現行の発泡ウレタンスプレ...
発泡ウレタン 造形工作

ビバリウムでの発泡ウレタン活用法、テラリウム水槽やアクアリウム水槽の背景バックボードを造形する方法。

ビバリウムで発泡ウレタンを使ったテラリウム水槽やアクアリウム水槽の背景バックボードを発泡造形する世界に一つだけのアート水槽。 動植物の生体生息環境を再現するビバリウムという世界でも、発泡ウレタンのエアータイトフォームはマニアックに造形で使われています。 発泡ウレタンもマニアックですが、さらにマニアな世界であるアート水槽。 水生生物のアクアリウム、陸上生物のテラリウム、水陸混在のアクア...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタンの造形やコスプレや仮装、特撮などDIYや日曜大工で活用するために覚えておきたいテクニックと離型ノウハウ。

発泡ウレタンを段ボール型で固まらせたり、発泡ウレタンを盛り付けたり、削り出しで加工したり、肉付けしたり、使えばわかる発泡ウレタン。物に接着させるのか、離型させるのか、コスプレイヤーの衣装制作や仮装、特撮などでも活用できる発泡ウレタン専門会社のエアータイトフォーム。茶色でブラウン系の発泡ウレタンフォームの造形活用ポイントをまとめる。 発泡ウレタンのエアータイトフォームを使うとどういったレベルの...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタンスプレー缶の専門家としてチャレンジすること。

発泡ウレタンスプレー缶を販売する専門店では実験サポートの業務効率を高める。 発泡ウレタンスプレー専門で1993年頃より活動を開始、2001年から東京都江東区エリアで営業してきた。技術サービスの向上、実験、用途開発支援サービスの業務を充実させるため千葉のテクニカルセンター研究所に拠点統合。 発泡ウレタンの通販専門へ業態変更、個人ユーザーへのフォローアップを強化。価格が安ければいい、安くして売...
発泡ウレタン 造形工作

プロは発泡ウレタン の現場発泡ウレタンに物性の負荷を望まない。

海外でのスプレー缶式発泡ウレタンの使いみちは、日本人のように無理やり発泡体に負荷をかけるような使い方はしない。当たり前だ。 燃えるとか、圧力とか、強度とか、高価な試験機で発泡ウレタンスプレー缶のデータなんて取ったって役に立たないことが多い。まさに、意味がない。 ここ最近、と言うか昔から、発泡ウレタンの王道といえる使い道のグレードアップばかりを考え、商品開発や改良が進められているが、進歩...
発泡ウレタン 造形工作

造形と発想で発泡ウレタンの可能性を創造する5色の発泡ウレタンでの造形美術。

発泡ウレタン公式ブログでは発泡ウレタンスプレー缶に特化した情報を公開してまいります。 初日の出的な感じでウレタン御来光です。マニアックな画像ですが、太陽には見えないけど、これはエアータイト社の神秘的なウレタンフォーム。 これ、ちょっと細工して、実は後ろからLEDライトで照らしてるだけですが発泡ウレタンには見えないですよね。もともとグリーン系のエアータイトフォームなので、実物は、緑に光っ...
発泡ウレタン 造形工作

造形と美術、発泡ウレタン をアートする日本大学とエアータイト

以前、発泡ウレタン造形で、東京デザイナーズウィーク2014に参加された日本大学生産工学部創生デザイン学科の方たちによる【誕生のカタチ】の制作様子をご紹介致します。 こうみると、発泡造形で、上の部分なんか高い位置を作業するのは特に大変だった思います。カッパ、サングラス、ゴム手袋、マスクの完全防備で作業していました。 やっぱり、発泡ウレタンの作業ってどんなに気をつけていても、知らぬ間に服に...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタン の発展、東京デザイナーズウィークでの学習

先日の連休に、発泡造形、東京デザイナーズウィーク2014の会場に行きました。私自身、今までそういった場所に行ったことはなかったのですが、いざ行ってみると、とても新鮮で、独創的というか、感心してきました。 天才万博という名前の意味がよくわかりました。日本大学生産工学部創生デザイン学科の皆さんが、製作した【誕生のカタチ】には、大人から子供まで、中に入っていったり、触ったり、不思議そうに見ている方も。...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタン の挑戦、日本大学生産工学部へのスポンサー

2014年10月25日から11月3日の10日間、東京明治神宮外苑にて、東京デザイナーズウィーク2014・TOKYO DESIGNERS WEEK 2014が開催されます。 この度、日本大学生産工学部創生デザイン学科で展示出展される、「誕生のカタチ」(カタチ、制約から解き放たれたとき、"新しい"が誕生する)に、株式会社エアータイトとしてスポンサー協賛をさせていただきました。 日本大学...
発泡ウレタン 造形工作

工作や研究に発泡ウレタン の特性を学んで立体工作や模型のアイディア発想。

工作で発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を使うのはなかなか面白い。方法は缶から泡を出すだけ。発泡が固まったらカッターで削ったり、色を塗ったり。膨らんで固まるから自分で思い通りにならないのも新発見だ。 ほぼ毎日、工作や造形などの簡易実験を発泡ウレタンスプレー缶「エアータイトフォーム」を使って試している。 今回は発泡ウレタンを工作や研究で使ってみることを考えてみる。 この材料は、な...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタン の芸術と言える、美しさをリアルに表現

この画像とは関係がありませんが、今日は発泡ウレタンの美しさなど見た目重視を求める実験でLEDライトで照らしてみました。 ※この画像はライトアップではありません。 画像はフラワーアレンジでの実験です。さて、LEDで照らした発泡ウレタンは見たことのない姿がそこにあり、ぼんやり光る発泡ウレタンが芸術的でした。これを生かしまた実験を重ね、発泡充填剤を使ったお洒落なライトやインテリアなどできるようにし...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタン を活用する、発泡工作をしよう、其の四

今日はマスコットキャラクター作成で、発泡ウレタンで作った腕の造形具合をアップします。 足を作ったときと同じように、ウデも割り箸が骨です。割り箸を折って曲げ...それに発泡充填剤を乗せるよう...潰し塗りつけていくよう、変則吐出。いわゆる肉付け裏テクです。 硬化を待って、胴体に挿し、取り付けます。ぶすっと・・・。あとは、また補修塗布していきながら、大体できあがり。 色をつけるのが楽しみで...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタン を活用する、発泡工作をしよう、其の参

前回は発泡ウレタンで足首までできました...が、これからカッターナイフで円柱の様に形を整えていきます。 胴体のときと同じように、また穴埋め作業。そして、足作りの仕上げ。靴を履かせてあげます。 適当な大きさにカットしたビニールシートの上に立たせ、足首部分に発泡吐出。完全に硬化するまで倒れないように支えてあげる♥。 硬化したらまた形を整えるべし。 足も円柱型だったのでただ削るだけ。靴作りは...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタン を活用する、発泡工作をしよう、其の弐

発泡ウレタンの長期制作の続編2。胴体は大体できたので表面をカットしたり補修をしていきます。 表面をカットすると少し穴があいていたりします。そこには、フォームで重ね塗りで埋めるよう、ちょっとだけ吐出していきます。地道に・・・地道に。穴埋めしたらまたカット。車のボデーパテと一緒っす。表面をなるべくツルツルに。次は足を作りまーす。 割り箸を適当な大きさにカットして胴体に指す。骨です。次に、割...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタン を活用する、発泡工作をしよう、其の壱

発泡ウレタンを活用する長期プランでの造形物の制作過程をアップします。使用するのはエアータイト社の発泡ウレタン発泡充填剤です。 発泡造形のテーマはエアータイト社のマスコットキャラクターです(発泡戦士とか言うネームらしいが、格好良くないので名前は却下されたらしい。) 発泡造形ブログの写真を撮る際に、今後完成するこのキャラクターが映っていれば、私の造形物だだと思ってくださいね。 基本、説明文...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタン とフラワーアレンジ、エアータイトの発泡材

発泡ウレタンスプレー缶ではなく、今回は、勉強や経験として、オアシスとも呼ばれてるフラワーアレンジメント用の土台を使用した造形を行った。発泡ウレタンとは異なり、作業性が難しい。 例のごとく、100円ショップで材料を見つけて、いざ研究所で使ってみると、粉ばっかり。触っただけでこんなにボロボロなのって不安になるくらい(恐)。 市販のフローラルフォームの、この粉って吸ったらやばいのかな。 フェ...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタンを使った発泡美術とフラワーアレンジメントへの応用術。

発泡ウレタンスプレー缶を活用する、エアータイトの発泡美術のコーナーでは、注目のフラワーアレンジメント作品の商品への定着を目指しています。 発泡美術は私の担当ではないのですが、フラワーアレンジメントされた完成商品を見ると...さすがに男性のセンスではむずいですね。まさに、女性ならではの美的センスが求められるお仕事です。 ん~、発泡ウレタンのネバネバ汚れ、あーんど、クルマやバイクのエンジン整備で汚れ...
発泡ウレタン 造形工作

発泡ウレタン で蜘蛛の糸、イメージする発泡施工方法

市販の金網フェンスを蜘蛛の巣と考えてエアータイトの発泡充填剤Sサイズ100ミリリットル缶を使って、発泡ウレタンのフォーム塗布実行。特殊は発泡施工にどのように使えるのか。 フェンスのマスの間隔は4センチくらい。知りたかったことは塗布した直後のフォームが、マスの間から下に落ちないことの実証でした。結果は秘密です♥。 ウレタンフォームには硬質と軟質があります。と言っても本当の意味の定義はない...
スポンサーリンク