発泡ウレタン 販売商品

スポンサーリンク
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンスプレー缶を使ったウレタン断熱材、現場発泡ウレタンの魅力をまとめる。

発泡ウレタンスプレー缶を学び始めてから25年以上の月日が流れました。当初は外資系メーカーの日本法人という立場で先輩方と共に発泡ウレタンを学んでいましたが、やがて、自社ブランドの発泡ウレタンスプレーを開発商品化したり、取引先へのOEM提供などと、結果論、発泡ウレタンスプレー専門で様々な業務をしてきました。しかし、スプレー缶式発泡ウレタンという材料に疑問を持つことも多かったです。 正直、もっと良...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンを使用してキャンピングカーやバスや1ボックス車をDIYで保冷車レベルに断熱する方法。

発泡ウレタンを使用してキャンピングカーやバスや1ボックス車をDIYで保冷車レベルに断熱する方法。 発泡ウレタンのエアータイトフォームは接着して固まる断熱材として様々に活用できます。 今回はお客様における車の改造で断熱事例や防音気密性を基に発泡ウレタンスプレーを使った車の断熱DIYの工夫をご紹介します。 発泡ウレタンのエアータイトフォームは湿気に強い独立気泡の硬質ウレタンフォームです。...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンスプレーを調査すると安物の中国製や韓国製の輸入品は品質はイマイチ?

発泡ウレタンスプレーで怪しいオープン価格のメーカー品が存在する。品質など物が良いとか悪いは別として、そういったメーカー品は、知らぬ間に、便乗値上げが毎度のこと。 東日本大地震が起きた混乱の中で、通販のアマゾンにて『乾電池4個』で1万7000円前後で販売するような業者が現れていたことについて考える。 我が国の経済産業省は震災当時、コンビニや小売などの関係団体に震災による便乗値上げ防止を要...
スポンサーリンク
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタン断熱材は仕上げこそ重要。健康住宅の断熱仕上げ材でシンプルに発泡ウレタンを活用する。

健康住宅など住宅建築では現場発泡のウレタンや現場充填のセルロースファイバー断熱材の施工は隙間なくみっちり壁の中に納まるのは見ていてすごい。 セルロースファイバー断熱材や現場ウレタン断熱材などの施工では、発泡ウレタンスプレー缶は断熱材ではなく、断熱仕上げ材として使うのが良い理由。 発泡ウレタンスプレーはサブとして様々な断熱材と一緒に使うと断熱気密がきちんとできるのでオススメですが、その他にも...
発泡ウレタン 販売商品

日本で最初の市場初でノンフロン発泡ウレタンスプレー缶を発売開始してからの誕生16年。

日本で最初の市場初でノンフロン発泡ウレタンスプレー缶を発売開始してからの誕生16年。 発泡ウレタンスプレーの仕事を開始して25年ほど経過したが、周りの諸先輩は引退される方も増えてきたので、当時を振り返ってみます。 当時、発泡ウレタンスプレーの競合品には全てフロンガスが含まれていた。 昔から売られていた発泡ウレタン商品は断熱性などの物性技術的には悪いものではなかったが、HCFCなど...
発泡ウレタン 販売商品

補修の現場発泡ウレタンはガンタイプで発泡施工した方が良い理由。

1液性発泡ウレタンスプレーの缶はガンタイプとして専用の吐出ガンを缶につないで使うのが基本推奨されている。発泡ウレタンは専用吐出ガンを使用しなくてもストロー状のノズルで使うことも可能(但し、廉価版の商品はノズルでしか使えない)だが、その作業性は雲泥の差。 1液性発泡ウレタンスプレーは断熱材で使ったり、発泡造形で使ったり、隙間充填や空洞注入で使ったりなど、他の材料ではできないことができるユニーク...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタン空洞注入の用途など硬質ウレタンフォームの特徴を活かす発泡ウレタン断熱以外の使いみち。

発泡ウレタン空洞注入の用途など硬質ウレタンフォームの特徴を活かす発泡ウレタン断熱以外の使いみち。 現場発泡ウレタンを断熱材として考える。硬質ウレタンフォームで独立気泡構造の現場発泡硬質ウレタンフォーム、連続気泡構造の現場軟質発泡ウレタンフォーム。「現場発泡」と言う呼び名がつく硬質ウレタンフォームと軟質ウレタンフォームの違いとは。 現場発泡のウレタンには自分で簡易に施工する缶タイ...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンは車の中に放置したりなど、エアゾールのスプレー缶は車内や荷台で保管できません。

発泡ウレタンのスプレー缶は絶対に車内では保管しないこと。夏場は特に危険です。直射日光の当たる車内は窓を開けていてもエアゾール缶を車内放置すると、最悪は破裂、液漏れやガス漏れを起こします。特に建築現場系の移動車はご注意ください。 スプレー缶は発泡ウレタンに関わらず、製品が高温にならないように注意することが基本中のキホン。絶対に窓を閉め切ったような車の中には保管しないでください。絶対に直射日光が...
発泡ウレタン 販売商品

断熱と保温や耐水性、発泡ウレタンの断熱材と発泡ウレタンの保温材は違うのか。

エアゾール缶式の発泡ウレタンの用途は現場発泡ウレタン断熱材での使いみち、耐水目的や防水バックアップ、発泡ウレタン保温材といった使いみちもあるが、そもそも、断熱材と保温材は何がどう違うのだろうか。 発泡ウレタン断熱材には断熱性がある。断熱性があるから断熱材なので、何ら工夫があるわけではない。自慢げに発泡ウレタンは優れた断熱材などと語る必要もない。 建材などで断熱材の種類はグラスウールやロ...
発泡ウレタン 販売商品

使いやすい発泡ウレタンスプレーのMサイズは吐出ガンでも使えるから丁寧にウレタン施工できる

発泡ウレタンの専門店エアータイトが「エアータイトフォームM」の卸売りのテスト販売を開始。商用の割引条件は箱単位の出荷。エアータイト特販部、エアータイト認定代理店より全国配送を順次開始。 発泡ウレタンスプレー「エアータイトフォームM」の仕様は、500ミリリットル缶のエアゾール缶モデル。 もちろん、廉価版の市販品とは異なり、エアータイトの発泡ウレタンはノズルタイプでもガンタイプでも使えるハ...
発泡ウレタン 販売商品

プロしか知らない発泡ウレタン、スプレー缶式ウレタンフォームの販売業者選び。

賢い発泡ウレタンスプレーの買い方がある。発泡ウレタンの販売方法は3通りだ。メーカー直接、業者ルート、小売店での販売である。 発泡ウレタンスプレー缶の販売に限ってのことではないが、特別な販売ルートさえ見つけることができれば、通常よりも安い値段で買える商品も少なくはない。 もちろん、中古品やアウトレットで販売されるような商品(あまり人気がない商品)ならば、破格とまではいかないとしても、相応に、...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンスプレーはメーカーによって缶サイズが同じでも使用量が違う。

値引きしなければ獲得できない顧客はいないが、値引きしなければ通用しない用途もある。発泡ウレタンスプレー缶の販売者として、技術や商品価値を充分に理解した上できちんと商品を販売したいと考える。 エアータイト社の発泡ウレタンスプレーは市販品とは異なるハイモデルだ。発泡ウレタンに限らず、安物な商品のように値引きをしなければ獲得できないような顧客を好意とはできない。 よい商品やサービスに対する恩...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンスプレーの必要十分条件とは何か考える。

発泡ウレタンのスプレー缶製品を専門に取り扱っているため、知らぬ間に、発泡ウレタンのメリットやデメリットを追及していることが多い。他社のような物売りではないため、発泡ウレタンの考え方とか意識を変えたいというところに辿り着く。 世の中には20年選手、30年選手、40年選手、生涯現役といった方々も見受けられるが、本当に尊敬する。私は、25年近く、発泡ウレタンのスプレー缶という製品の発売元メ...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンが手に付いた。汚れたり、発泡ウレタンスプレーは固まるまで付着汚れに注意。

発泡ウレタンが手に付いたり、汚れ、飛び散ったというの施工失敗が増えているようだ。発泡ウレタンは闇雲に使うと泡を触ってしまったり汚れやすい。SNSやブログで成功と失敗談も増えている。入れ過ぎたりせず、発泡することを前提に、テスト施工してから使うこと。 発泡ウレタンスプレーの泡は固まる前に触るとベトベトになる。発泡ウレタンは接着剤の一種を発泡させたものなので、手に付いたりすると10分ほどはベトベ...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンの収縮、硬化した後の形状、寸法の安定性を考える。

発泡ウレタンのスプレー缶とは何か基礎知識を振り返る。発泡倍率の見方は吐出して1分後の大きさを基準として硬化するまでに体積で約2倍になるものだ。 現場発泡ウレタンは形ができあがっている商品ではなく、施工したいサイズに現場発泡でウレタンフォームを作るもの。 1液性のスプレー缶式現場発泡ウレタンの場合、スプレー缶から出てくる泡は、湿気と常温の環境で発泡し、約2倍に発泡して固まる。これが1液性発泡...
NO IMAGE 発泡ウレタン 販売商品

スプレー缶の発泡ウレタン の正しい手順をYouTube動画で学ぶ。

YouTubeで発泡ウレタンスプレー「エアータイトフォーム」の正しい操作手順を参考してみよう。 現場発泡ウレタン断熱材や造形、自分でDIYなどコンパクトにウレタンフォーム施工ができる発泡ウレタン「エアータイトフォーム」。 発泡ウレタンスプレー缶の吐出操作をYouTube動画で公開している。 発泡ウレタン専門店の発泡ウレタンスプレーならYouTubeの動画を見ながら「エアータイトフ...
発泡ウレタン 販売商品

今さら聞いてはいけない発泡ウレタン スプレー缶の常識を動画で教える。

この時代はYouTube動画がやっぱり便利。マニアックな商品である発泡ウレタンのスプレー缶の使い方も動画でパソコンやスマホでいつでも見れる。 私が20年以上前に発泡ウレタンの勉強を始めたときと今を比べると、自分にとって良いものを買いやすく学びやすい環境になった。 今回は発泡ウレタンの常識を動画で解説することについて考えてみる。 発泡ウレタン専門の通販ショップ「エアータイト」では、...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンの硬さや局部剛性は言葉や文字の説明で表現するのは難しい。

発泡ウレタンの質問で答えにくいのが硬さのこと。硬質とか軟質なんて言ったりするが、そもそも、硬質なんて定義と線引きはない。 発泡ウレタンスプレー「エアータイトフォーム」を使った造形、DIY、車やバイク、ヨット、アクアリウム、造園や園芸、コスプレ、人形など、造形用途での使いみちで気になるのは硬さ。 発泡ウレタンの硬さについて考えてみる。 エアータイトフォームは硬質の発泡ウレタンである。連...
発泡ウレタン 販売商品

凍結防止や結露防止ができる発泡ウレタン。保温性と断熱性に優れる湿気にも強い硬質発泡ウレタン と湿気には弱い軟質発泡ウレタン。

結露や湿気に強い硬質発泡ウレタン。これとは別に、同じ発泡ウレタンでも水や空気を通過させるスポンジみたいな性能である連続気泡の軟質発泡ウレタンがある。住宅の壁や天井とか断熱に使える現場発泡ウレタンだが連続気泡のタイプは結露や水には強くはない。断熱が可能でも発泡ウレタンの種類によって結露防止ができるとは限らない、硬質のウレタンでないと浴槽の断熱保温などでは使えない。 発泡ウレタンと結露防止、発泡...
発泡ウレタン 販売商品

ZEH施工の技術で現場発泡ウレタン断熱材を活用、ゼロエネルギー住宅建築を徹底仕上げする発泡ウレタンスプレー缶の役割。

ZEH対応やゼロエネルギー住宅建築での断熱材選びがクローズアップされている。発泡ウレタン断熱材もいいが、住宅の断熱材といえば定番はやっぱりグラスウール。丁寧な職人さんが施工してくれる条件ならば現場発泡ウレタン、現場吹き込みのセルロースファイバー断熱材も魅力的だ。断熱材のみっちり感が断然いい。 現場発泡ウレタンと言えばZEHの動向が少し気になる。ZEHとは我が国の「エネルギー基本計画」で「住宅...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタン専用ガンはエアータイト社の吐出ガン貸出レンタルもおすすめ。

発泡ウレタンガンは、発泡ウレタン通販専門ショップ「エアータイト社」の貸出レンタルがおすすめ。 発泡ウレタンスプレー缶は専用の吐出ガンで使うと、作業性が向上、勢い調節も自在、メリットが多く、すべてのユーザーにおすすめしたい。 今回は発泡ウレタンフォーム吐出ガンについて考えてみる。 発泡ウレタンのエアータイトフォームは全種類、吐出ガンを装着することができ、ガンタイプで使用可能。使用できる...
発泡ウレタン 販売商品

スプレー缶の発泡ウレタン をお湯で温める行為は危険だから駄目。

エアゾール品とは発泡ウレタン、シェービングムース、カセットボンベ、整髪ムース、芳香剤などいろいろある。加圧されているので、寒い時や冬場などに缶をお湯で温める行為は危険。禁止されている。 冬場など気温が5℃を下回るあたりの場所で保管していたスプレー缶は、エアゾールの出具合は悪くなることがある。 吐出できても強く、弱く、まばらに出たり...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタン専門店の運営方針は販売量や最安値ではなく親切な応対を重視。

変革期。時間をかけてやる業務、短期でやる業務。発泡ウレタンスプレー缶を更に勉強する。新しい年、新しいこと、新しい考え、新しい自分と新しい役割を発見したい。素朴な疑問や問い合わせが活力だ。 毎年のこと、年末年始のお休みは楽しみだ。アッと言う間にクリスマスが過ぎ、年末という実感と重み、新年という期待が心にキテマス。 小学生や中学生の頃はもっと年末年始、冬休みが本当に本当に楽しかった。大人になる...
発泡ウレタン 販売商品

世界の発泡ウレタンを追求する海外出張で得た人材の大切さ。

発泡ウレタンスプレー缶の勉強開始から早いもので20年以上経った。世界中の発泡ウレタンを学びながら日本市場向けに発泡ウレタンの商品化、施工技術の確立、販売業務に特化した結果、得たことは何か。 昔からなのか、今でもなのか、発泡ウレタンの仕事で接してきた世界の人たちは、自分自身の商品や自分たちのブランドへの想い入れより、会社への想いが強い。 会社規模、会社の施設へのアピールとかの自慢が強い印...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンでデッドニング、車の改造やエアロ補強、キャンピングカーや保冷車の断熱、防音デッドニングで活用、発泡ウレタンスプレーでワンオフ自作のDIY。

発泡ウレタンでデッドニング、車のエアロ補強や改造でも活用できる発泡ウレタンスプレー缶のエアータイトフォーム。車のエアロパーツを修理したり、バイクのカウルやシートのあんこを作るときの原型や型取り、ワンオフ、削り出し、デッドスペース、保冷車やコンテナの断熱保温などとスプレー缶の発泡ウレタンは形状問わずに使える。 車のボディ、車のデッドニングで発泡ウレタンを使用したり、防音、きしみ、キャンピングカーや...
発泡ウレタン 販売商品

不安な発泡ウレタン断熱材の工事は経験の浅い断熱業者は避ける。吹付ウレタン断熱材の精度は職人次第。

断熱材の発泡ウレタンには現場発泡ができる吹付断熱材、ボード状の硬質ウレタンフォームがある。断熱材の種類の中でも断熱性能が高い発泡ウレタン断熱材を吹き付ける断熱材の工事とは、発泡ウレタン断熱材になる原料と吹き付ける専用装置を工事会社の職人さんが車両トラックに積んで建築現場まで持ってきて、倉庫やマンションの壁や住宅建築の壁などに直接吹き付け施工する断熱工事や結露防止の工事である。 現場発泡ウレタン断...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンの売れ筋ランキングでもトップになった専門家が追求した販売手法。

マニアックだが、当社はスプレー缶式発泡ウレタンとい材料の専門店。エアータイトフォームも発売開始から15年目となる。会社で保管してある貯蔵10年物の発泡ウレタンスプレー缶を吐出したりして感じたことがある。 発泡ウレタンのエアータイトと早いもので15年目。個人的には20年以上、この手の商品メーカーの立場で活動している。 当社は小さな会社としての運営。価格を安くして喜んで貰うより、きちんとしたフ...
発泡ウレタン 販売商品

発泡ウレタンスプレーを普及させるための価格破壊で業界をリードした経験と失敗。

発泡ウレタンスプレーの販売で他社と価格競争をしない方針を持つ。自信を持つ販売とは適正価格を通用させること。発泡ウレタンプロショップとしての価値観、公明公正、適正価格という提供姿勢と裏腹に戦いは続く。 安売品で構わないなら、中国製とか韓国製でも良い。中古でよければ安く買える。 良いものを安く売ることは実はありえない。そんなことはきれいごとだろう。 社内努力でできるだけ値引販売しても、お...
発泡ウレタン 販売商品

車で発泡ウレタンを使うと失敗する原因とウレタンの欠点デメリットとは。

発泡ウレタンは車の改造で使用したりなど、住宅建築の断熱材だけでなく、冷凍車、冷蔵車、保冷車の断熱材や造形や補修などDIYでも便利に使えるものですが、発泡ウレタンのデメリットはどういった点なのか考えてみます。 発泡ウレタンスプレーは電気など動力源必要なく、極論、缶さえあればどこにでも現場発泡ができるので、エアロ、パーツ補強、工作や造形、浴槽断熱の強化、コンクリートや木材や鉄やアルミの隙間埋め、...
発泡ウレタン 販売商品

家庭用エアゾール品の廃棄方法と同様に発泡ウレタンスプレーも無闇に廃棄しない。

ゴミ収集車の火災。発泡ウレタンスプレーと事故とは関係はないが、家庭用の整髪ムース、塗料スプレー、カセット式のガスボンベなどの廃棄方法に注意を促す。 この写真は発泡ウレタンの事故ではない。恐らく、ゴミ捨て場に不用意に捨てられたライターやスプレー缶が火災の原因と思われる。 大変危険だ。 ライターが燃えるもので危ないのは小学生でもわかると思うが、スプレー缶、カセットコンロ用のガス缶、整...
スポンサーリンク