発泡ウレタン 技術実験

スポンサーリンク
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンスプレーを活用する硬質ウレタンのDIYをお勧めする理由。

発泡ウレタンスプレーを活用する硬質ウレタンのDIYをお勧めする理由。 硬質ウレタンフォームをDIYで自分で作れるスプレー缶式発泡ウレタンの基礎知識について。 硬質ウレタンフォームとは断熱材か。 プラスチックを発泡させたフォームの種類にはポリウレタンやポリスチレンなどの発泡体があります。 化学的な難しいことは別としてもプラスチックを発泡させるとどうなるのか。 軽くなる。...
発泡ウレタン 技術実験

保温性を高める発泡ウレタンで浴槽、お風呂の断熱、ユニットバスの保温を強化するDIYを解説。

ユニットバス保温、浴槽お風呂の断熱強化もDIYでできる発泡ウレタン。湿気に強い独立気泡の硬質ウレタンフォーム『エアータイトフォーム』は断熱性はもちろんのこと、保温性や保冷性にも効果が高い。浴槽お風呂のバスタブ裏面への発泡ウレタン断熱施工テクニックとユニットバスの断熱DIY施工のポイントを考える。 ユニットバスの断熱材や造作風呂の浴槽断熱など、保温性や保冷性が重要視されるものと言えば、クーラーボッ...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンの防水性、接着、隙間充填で密着させる止水層や防水層の施工方法。

発泡ウレタンスプレー缶から出てくるウレタン原料には発泡接着性があり、防水バックアップや気密施工でも使えます。スプレー缶になった硬質ウレタンフォームなのでハンドリング性能よく使用できる。独泡で仕上がり、自己接着性を持ち併せ、断熱と防音、軽くて丈夫、などと一般的な単一材料では対応できない多様性ある使い方を感じたい。 自分で好きな形に発泡させながら使えるエアータイトの硬質発泡ウレタンは、硬化する時の接...
発泡ウレタン 技術実験

折板屋根やガレージや物置や押し入れの結露防止や暑さ対策で発泡ウレタンをDIYで使おう。

折板の屋根、ガレージや物置など部分的な断熱、押し入れの結露防止や断熱など発泡ウレタンスプレー缶を活用して、住宅の小屋裏、屋根や天井面へ発泡ウレタンを小規模に施工するDIYのテクニックと考え方をまとめてみた。 倉庫や物置やガレージ、押し入れの結露で困っている方からの相談を多く受けてきました。 業者に依頼するほどの規模でもなくDIYで作業するなら、住宅の小屋裏、屋根や天井だけではなく、物置やガ...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンの質問で問い合わせをいただく前にお読みください。

発泡ウレタンスプレー製品を活用するには使用方法と施工方法の二つをマスターすることが基本中のキホンである。もちろん、正しい施工こそが正しい効果を発揮できる。誰にでも簡単というのはありえない。作業者は発泡ウレタンをノズルタイプで使うのか、ガンタイプで使うのか、この選択が最も重要である。 発泡ウレタンの使用方法 発泡ウレタンの施工方法 発泡ウレタンのスプレー缶から出てくる原料は...
発泡ウレタン 技術実験

型取り、隙間埋めで発泡ウレタンの発泡圧力を気にするべきか、発泡圧は気にしないでよいのか。

発泡ウレタンスプレーで型取りや隙間埋めをする際に注意したいのが発泡圧。エアータイトフォームは発泡して固まる材料。発泡の定義は違うにせよ、発泡ウレタンや炭酸飲料の泡は、気泡がたくさん集まり、液体か固体かは異なるが、気泡が薄い膜で隔てられている状態のもの。 型取りや隙間埋めでも使える発泡ウレタン。ウレタン樹脂を発泡させるので発泡ウレタンと呼ぶわけだが、プロ風で言うなら泡沫ウレタンと呼ぶのが通であ...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンスプレー缶で電気温水器のタンクやエコキュートの断熱保温保冷をウレタン断熱する。

電気温水器を分解、タンク部分には断熱材が硬質発泡ウレタンではなく、安っぽいグラスウールが包んで挟まっているだけ。これでは保温性はいまいちだ。 電気温水器の温度は80℃位にキープされる仕組みだが、保温断熱不足だと電気代が勿体無い。もちろん、エアータイトの発泡ウレタンスプレーで断熱強化してみる。 相変わらず、発泡ウレタンについての問い合わせ相談が増えています。 保温や造形や工作など様々で...
発泡ウレタン 技術実験

スプレー缶式発泡ウレタン からできあがる発泡体の密度。

発泡ウレタンのスプレー缶からできあがるウレタンフォームの密度は、1立方メートルで20から30キログラム前後。極端に硬く仕上げることはできないが、気泡を細かく仕上げるには、いくつかのノウハウがある。 発泡ウレタンの硬さと言うか、密度というか、お客様からの問い合わせで「気泡が荒くなってしまう」という内容の相談がたまにある。 一概に気泡が荒くなってしまうと言っても、荒いというイメージ自体に個...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタン とエアコン工事と低圧電力について考える。

発泡ウレタンスプレー缶を実験作業している場所が暑い。建物の断熱性能云々のレベルじゃなく、業務用エアコンの助けが必要だ。三相200Vのパッケージエアコンの稼働。 夏場の工場や倉庫は、発泡ウレタンやグラスウールやロックウール断熱材を施工すればいいとか、そういったレベルの暑さではない。汗もかく、喉もかわく。 省エネ、根性論じゃなく、エアコンをガンガンに効かせて涼しむのが手っ取り早い。というか...
発泡ウレタン 技術実験

クーラーボックスに発泡ウレタン フォーム断熱材を注入充填する方法。

クーラーボックスの保冷。発泡ウレタンでの保温保冷の断熱強化でクーラーボックスを断熱改造する方法。 断熱、保温性を向上させる発泡ウレタン「エアータイトフォーム」発泡剤をクーラーボックス内部にスプレー注入充填する方法がDIYで注目されている。予算は二千円前後でクーラーボックスの断熱性を向上できるかも知れない。 こういった作業はググると簡単そうに感じるが、実際、その辺に売っているレベルの発泡ウレ...
発泡ウレタン 技術実験

ウレタンフォームで断熱、寒さの対策、暑さ猛暑の対策をするなら発泡ウレタンスプレーのDIYが意外に便利。

現場発泡の断熱をDIYで自分でするならスプレー缶式の発泡ウレタンを断熱材として使うと手軽で低コスト。小規模な断熱施工ならエアータイトフォームでウレタン断熱、結露防止がすぐできます。湿気に強い硬質ウレタンで、しかも接着と断熱が同時にでき、住宅や設備やドア、車や船舶の断熱から保温保冷まで、いろいろな断熱効果を期待できます。 そもそも、発泡ウレタンフォームで壁や床や天井やドアなどをDIYで断熱するメリ...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタン のスプレー缶で井戸ポンプ周囲の凍結防止ができる。

発泡ウレタン「エアータイトフォーム」で水道管や井戸ポンプ周囲の配管断熱や保温を強化した。その辺で売ってる市販の発泡保温カバーだと想像以上に断熱性や保温性が弱すぎるから交換した。 冬になると寒波による水道管の凍結問題、対策方法がいつもクローズアップされている。ここ千葉県では寒波ではなくても、冬場の朝は、水が出ないことが多々ある。 井戸水の場合でも水道管は凍る。突然、水が出ないと焦る。原因...
発泡ウレタン 技術実験

造園や樹木治療で使える発泡ウレタン、充填や接着で花壇のレンガやブロックを簡易固定。

発泡ウレタンを樹木治療や保全、花壇や菜園や造園での発泡ウレタン活用法。植木、樹木の朽ちた部分の治療や補強、発泡ウレタンスプレーのエアータイトフォームで空洞を埋めたりする充填や接着発泡という使い道に注目。モルタル、セメントの代用でレンガやブロックの接着固定剤でエアータイトフォームを塗布接着したり、固定の強度は別の話としても楽しいDIYでも使える。 樹木医、植木屋さんや造園屋さんなど、発泡ウレタンを...
発泡ウレタン 技術実験

現場発泡ウレタン断熱材の火気厳禁は、周囲での溶接や火花、ウレタン火災に注意。

また、壁や屋根の断熱とかで使用される2液性の吹き付け発泡ウレタンで火災やプラスチック系断熱材が燃える火事になるという事故のニュースがあったようです。難燃性発泡ウレタンも簡単に燃えます。現場発泡ウレタンフォームが燃えやすいということが悪ではなく、ウレタンのメーカーや断熱業者は断熱材のウレタン火災について未然防止するため、建築や建設の作業時に燃えるようなところに大量に施工採用するならば、自分以外の周り...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンの泡を出すだけで水漏れ防止や水道管の凍結防止ができる。

冬の水道管、凍結破裂には注意。凍結防止の材料として発泡ウレタンを水道の配管、メーターボックス、水栓柱の中に埋めると効果的。庭やベランダの水道など水栓柱の空洞部にエアータイトフォームを充填して保温断熱を強化。半永久的な断熱効果を期待。 凍結防止の材料としてエアータイトの発泡ウレタンが断熱保温材料の一つとして注目されています。形状問わずに断熱性や結露防止や凍結防止の効果が期待できるのが特徴です。 ...
発泡ウレタン 技術実験

大雨や台風の対策、雨漏れ対策、浸水対策で発泡ウレタンのエアータイトなら雨の中でも使える。

発泡ウレタンスプレー缶のエアータイトフォームは雨が降っていても使える。吐出の泡は水に溶ける感じではない。強風や大雨の中だと泡が流されたり吹き飛んでしまうが、施工部位は濡れていても硬化に影響は少ない。 エアータイトの発泡ウレタンスプレー缶の湿気硬化型。発泡ウレタンと言っても建築用などの2液性は化学発熱反応時に水を嫌うので、雨とか濡れてると使えない。2液性を雨の中で使用するとベトベトのままだったり正...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンやスチロールなどの発泡体を切断カットできる特注のヒートカッター。

巨大包丁みたいなアイテム。発泡ウレタン造形の削りだし作業でたまに使うヒートカッター。熱で発泡体を切断して切る道具。硬質ウレタンを造形で加工するときにはあると便利。 発泡スチロールカッターという、ニクロム線みたいな針金を乾電池で暑くして、その熱線で発泡体を、くり抜いたり、切断する道具があるのをご存じだろうか。 画像の道具はそれの大きなタイプ。熱線式ではないが、包丁のような感じで使うもので、大...
発泡ウレタン 技術実験

重宝している発泡ウレタン の実験材料買い出し用のバイク。

発泡ウレタンの専門店「エアータイト」は、素朴な疑問でも気になることは実験しながら把握と解説をしている。発泡ウレタンの問い合わせで「そんな使い方があるんだな」と感じたことはすぐに実験行動。 発泡ウレタンスプレーという商品を全国のユーザーに供給する立場上、他社の真似、理論や経験だけでの応対はしていない。他社とは違う。 実際に発泡ウレタンを自分自身で使って簡易実験を試み、用途の検証を重ねてい...
発泡ウレタン 技術実験

だから嫌い、発泡ウレタンの汚れとかお店で誰も駄目なことを教えてくれない

発泡ウレタンのことをネット検索していると、DIYでルアーや、キーホルダー、エアロパーツなど様々な物を作りだしている方々がたくさんいますねぇ。ほんと、器用で完成度も高く、感心しています。 発泡ウレタンでルアーなんかは私もオリジナルで作ってみたいものです。発泡ウレタンでの出来事など、他では教えてくれないことを紹介します。大事といえば大事ですが、くだらないと言われちゃぁそれまでですね。 先日...
発泡ウレタン 技術実験

丸い発泡球体、発泡ウレタン で風船を膨らませる恐怖体験は真似しないこと

発泡ウレタンスプレー缶のエアータイトテクニカルセンターでは今日は天気が良いです。ポカポカ~。さて、前からやりたかった発泡実験なんですが、今日は100円ショップで買ってきた安いゴム風船に発泡ウレタンを。 遊び心のある危険な実験を紹介。一応、言っておきますが、真似することはお勧めしません。発泡ウレタンでゴム風船を膨らませるなんて、良い子は真似してはいけません。あくまでプロによる実験です。 ...
発泡ウレタン 技術実験

耐候性、発泡ウレタン を屋外放置する観察実験の一部を公開

今から1ヶ月前くらいにやっていた実験観察していたものを紹介。内容は、吐出直後の発泡ウレタンに、市販されている小麦粉をまぶしたもの、普通に吐出したものを屋外に放置して違いをみようという実験。 発泡ウレタンは紫外線を防ぐために塗料やパテなど表面処理する事がありますが、もっと身体に害がなく、簡単で、身近なものはないかと、小麦粉をまぶしてみました。写真に2つウレタンが映っていますが、上側が普通の、下...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンで坊主頭になることもある、発泡ウレタンのガンタイプ缶の取り外し。

発泡ウレタンの缶をつないだ吐出ガンから、発泡ウレタンスプレー缶を取り外す際の注意事項を解説。缶はただ取り外すだけではありません。絶対に!フォームの飛び散りに注意しなくてはならない理由。 本来やってはいけない発泡ウレタンの缶を数日以上装着した状態だったものを、中身を使い切らずに取り外してみます。悪い例です。 写真で見てもらうのが一番わかりやすいと思うので。ちょっと見えにくいかもしれません...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンの燃焼性、耐熱性、硬質ウレタンは火に強くないが熱に弱くもない。

発泡ウレタンの燃焼性、耐熱性。発泡ウレタンに温風、熱風をあてる実験をしてみた。ホットエアーガンで温度を100℃以上に設定し、温度を高くしていくと発泡ウレタンはどんな感じになるのか。 発泡ウレタンは燃えるもの。不燃材料ではないので発泡ウレタンは果たして何℃ほどで燃えようとするのか実験してみる。 尚、硬質発泡ウレタンには海外の規格でB1やらB2やB3、日本でに難燃2級や3級といった難燃性のもの...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタン でカイワレ植物の種を育てる実験

タイトル名の通り、発泡ウレタンで植物を栽培できるのかという疑問での実験。今回は、かいわれ大根。短時間かつ簡単に栽培できるカイワレ大根で挑戦しました。あくまで、実験ですので斜め読みしてください。 実験パターンは、キッチンペーパーの上、テッシュの上、水垢などを落とすのに使うメラニンスポンジの上、そして硬化した発泡ウレタンをカットしたものの上、吐出直後の発泡ウレタンの上、吐出直後の発泡ウレタンの中...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタン で台風や雨水対策、発泡固定の接着技術

エアータイトの発泡充填剤で防水や、泥などの流出防止対策、今回は台風直撃の前に、会社シャッターの、下の隙間に発泡ウレタンを吐出接着する実験を行いました。 最近台風が多くてまた来週にも上陸するだとか。 倉庫とかにあるようなシャッターで下までぎっちり閉まらないのもありますよね。そういうのはすぐ水やら砂やら虫が入ってくる事も。そういった所にも用途があるのかな思いまして実験。 大雨の場合、土...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンを屋外放置、硬質ウレタン寿命や劣化の観察を続けて進化を見る。

発泡ウレタンの寿命をイメージするため、発泡ウレタンを吐出してそれを環境の異なるところに保管、どういった変化で劣化や加水分解していくのか。 発泡ウレタンの劣化や加水分解のことが気になる人も多いと思いますが、ネットで調べても「アンチ発泡ウレタン」の人は発泡ウレタンを悪く言うし、メーカーなど肯定派の人は発泡ウレタンは地球に優しいとか意味不明なことを誇大に言ったりするので、ビギナーは言葉だけで本当のこと...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンで隙間を埋めるときの発泡圧、ウレタンが膨れる力の影響は。

発泡ウレタンスプレーは隙間充填でも使える。コーキング材で詰める感覚とシーリング材で詰めて防水するという感覚を併せ持つ。シーリング材では施工できない数センチ以上など幅や深さのあるところで重宝される。 発泡ウレタンスプレー缶のエアータイトフォームは湿気に強い独立気泡の硬質ウレタンフォーム。断熱材という使い道だけではなく、隙間充填や目地埋めや仮接着でも活用されている。 自己接着性と発泡硬化性の応...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタンでも硬質ウレタンは薬剤に強いので溶けにくい。

今日は発泡ウレタンと発泡スチロールに市販のカラースプレーと錆防止スプレーを塗ってみました。 左は発泡充填剤、右は発泡スチロールです。一応、普通に色はつきますね。けど、よく見てください。当たり前かも知れませんが、これがメリットなのです!! 発泡ウレタンと似ている、発泡スチロールはどうでしょう。 カラースプレーをかけるとなんと、どろっと溶けちゃうのです。その点、似たものでも発泡ウレタンはスプレ...
発泡ウレタン 技術実験

発泡ウレタン の実験とノウハウで新しいことを提案しよう。

発泡ウレタンスプレー缶を使った実験では秘密の研究課題の為に小麦粉を使う。 発泡ウレタン「エアータイトフォーム」が固まる前に小麦粉を表面に振りかけることどうなるのか。 吐出直後から様子や硬化具合を観察すると想像以上に粉がつき、吐出してすぐにもかかわらず、触っても表面はまるで固まっているような感じ。 そう、あの雪見だいふく風です。新感覚。 実はこれの応用がヒントとなる用途があるので、...
スポンサーリンク