発泡ウレタン 専用ガンはエアータイト社の吐出ガン貸出レンタルがおすすめ。

シェアする

発泡ウレタン レンタル

発泡ウレタンガンは、発泡ウレタン通販専門ショップ「エアータイト社」の貸出レンタルがおすすめ。

発泡ウレタンスプレー缶は専用の吐出ガンで使うと、作業性が向上、勢い調節も自在、メリットが多く、すべてのユーザーにおすすめしたい。

今回は発泡ウレタンフォーム吐出ガンについて考えてみる。

発泡ウレタンのエアータイトフォームは全種類、吐出ガンを装着することができ、ガンタイプで使用可能。使用できる吐出ガンはエアータイト純正品がおすすめ。

中国製などのコピー品の吐出ガンの装着は構造の弱さなど危険なためやめたほうがいい。

エアータイトでウレタン吐出ガンの貸出を税別550円受付。

発泡ウレタン専門の通販ショップ「エアータイト」では、発泡ウレタン吐出ガンのレンタルサービスの取り扱いを開始している。

購入前のお試しにも人気だ。レンタル品を実際に使ってみて、使い勝手が良ければ新品を購入するといった流れ。是非、心配な方はおすすめのレンタルサービス。

エアータイトフォームを使用するエンドユーザーのお客様向けサービス向上のために、エアータイト社がユーザーを細かくフォローする取り組みの一環。

発泡ウレタンスプレー「エアータイトフォーム」という商品はハイエンドモデルの両用デュアルタイプだ。いわゆる、ノズルと吐出ガンの両用仕様。

別売りの吐出ガンをつないでも使用でき、ウレタン本体の缶に付属しているストロー状の簡易ノズルでも使うことができるようになっている。

ウレタン用の吐出ガンというものは、実は、プロ用ではない。

まさに、初心者ビギナー用におすすめのアイテムがウレタンフォーム用吐出ガン。発泡ウレタンの販売で素人は「発泡ウレタンの吐出ガンはプロ用」なんて言うのは大きな間違い。

発泡ウレタンスプレー缶は慣れてプロになると吐出ガンを使用しなくても、さほど困らない。泡の癖を知り尽くせば、付属のノズルでも吐出操作、加減、うまく使いこなせる。

しかし、ビギナー、初心者では発泡ウレタンスプレー缶の勢い操作加減のマスターは、そんなに甘いものでもない。初心者は、大体、泡を出しすぎる。

発泡ウレタンスプレー缶を使用する頻度が多い方なら、吐出ガンを買う方が良い。

尚、エアータイトの正規純正モデルの金属製吐出ガンは、他社品と異なり、修理や部品交換にも対応している。

問題となり始めているが違法コピー品の商品に注意。

問題を抱える国家で作られた粗悪なコピー品の発泡ウレタン用吐出ガンが出回っている。海外関係先から国際的に粗悪な安物コピー品は危険なので使用不可と警告が出ている。

当社でも粗悪コピー品と呼ばれている吐出ガンを調査のために入手し、分解構造検査を行ってみたが、残念ながら、パーツ間の耐久性や構造に懸念が見つかった。

発泡ウレタンスプレー缶は高圧ガスを使用するエアゾール式なので純正以外のものを装着すること自体が禁止されている。

プロは安全面で違法コピー品の工具の恐ろしさを理解する。

発泡ウレタンの分野でも同じである。自分の身に危険がある違法コピー品を使うプロは非常に稀だ。価格に飛びつくユーザーも見受けられるが、それも仕方ないことだ。

ビギナーのユーザーは気を付けるようにしたい。また、一回の使用で壊れる粗悪コピー品の吐出ガンならば、エアータイト正規純正モデルのレンタルの方が確実にお得だ。

発泡ウレタンの公式直販サイト
発泡ウレタンの専門店が運営する発泡ウレタンの公式直販サイト。ノンフロン現場発泡ウレタンスプレー缶「エアータイトフォーム」を販売。

発泡ウレタン専門の通販ショップ「エアータイト」はこちら

発泡ウレタンの販売サイト

日本随一の発泡ウレタンスプレー缶の専門店。個人でも会社でも直接相談や直接注文が可能。2001年のノンフロン発泡ウレタンスプレー缶の発売開始より、初心者からプロフェッショナルユーザーまで幅広いユーザー顧客層に定評のプロショップ。

営業時間は月曜日から金曜日の10時から17時。土日祝祭日は定休日。来店相談は電話予約で受付。商品サポートは電話0474099551。

発泡ウレタンの公式サイト
発泡ウレタン「エアータイトフォーム」の発売元が運営する老舗の発泡ウレタンの公式サイト。発泡ウレタンの使い方や注意事項などをサポート。

発泡ウレタン販売の老舗ホームページ。造形や断熱材の用途など様々なテクニックをフォロー。

発泡ウレタンのメーカーサイト

発泡ウレタンスプレーは、使い方、癖を事前に知っておかないと高い確率で失敗する。市販品の安物を闇雲に使ってもうまくいかないことが多い。

発泡ウレタン専門の通販ショップ「エアータイト」は発泡ウレタンスプレー缶の発売元として、業界で唯一ダイレクト直販と卸売、直接技術サポートを実現。ユーザー向けにホームページでの情報公開を徹底している。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る