スプレー缶の発泡ウレタン の正しい手順をYouTube動画で学ぶ。

YouTubeで発泡ウレタンスプレー「エアータイトフォーム」の正しい操作手順を参考してみよう。

現場発泡ウレタン断熱材や造形、自分でDIYなどコンパクトにウレタンフォーム施工ができる発泡ウレタン「エアータイトフォーム」。

発泡ウレタンスプレー缶の吐出操作をYouTube動画で公開している

発泡ウレタン専門店の発泡ウレタンスプレーならYouTubeの動画を見ながら「エアータイトフォーム」の操作手順を確認できる。

発泡ウレタンのエアータイトフォームという商品は、エアゾール缶本体に専用ガンをつなぐと、市販の発泡ウレタン使い捨てタイプではできなかった丁寧なウレタン施工が可能になる。かなり使い易くなる。

発泡ウレタンの用途は、保温、保冷、現場発泡断熱、造形での活用が人気だ。とは言っても、マンションの壁、住宅の壁、天井に自分で発泡ウレタンを施工する人は相当の強者だろう。

自分でできる範囲、業者に施工を依頼するべき線引きが一応あるが、断熱リフォームのレベルならば自分でもDIYで断熱施工できるだろう。業者依頼より安く仕上がるだろう。

10平米ほどなら発泡ウレタンスプレー缶を使って、自分で壁面などに低コストで現場発泡ウレタンが施工できる。

現場発泡断熱など、ウレタンフォームの施工は床や壁なら少しのテクニックで施工できる。ただし、下から上に向けて発泡させる天井面だけは素人では難しい。

固まる前に泡が垂れてくる可能性があるからだ。闇雲に施工はできない。当然、それを対処する工夫と方法は個々の用途で検討し、他の断熱材と併用するなどで十分解決できる。

発泡ウレタンの施工とは、壁であろう、天井であろう、床であろう、数値の性能とか、熱伝導率の云々を語る前に、「断熱施工は仕上げ作業が絶対に必要」であることを知っておくこと。

仕上げ不十分な発泡ウレタン施工とは、扉の空いた冷蔵庫と同じことだ。

プロでも初心者でも、丁寧な断熱材施工なら、どんな種類の断熱材でも断熱効果は安心だ。

吹き付け発泡ウレタン断熱材の場合には、ボコボコだったり隙間があったりする雑な工事だけは断熱性が不十分となる。

ウレタン断熱施工業者の仕事とは、なかなか、過酷な作業でもある。職人さんの手元に入る工賃はさほど高くはない。

ウレタン断熱業者がウレタン施工しているところを、ずっと見学していると邪魔なので怒られる。

従って、業者が施工を終えたら、施主は隅々まで施工漏れがないのかチェックした方がいい。

見えにくいところほど断熱施工は肝心。当然、そういった箇所ほど、面倒でもあり、手抜き断熱工事が多い。

現場発泡断熱のウレタン工事は隅々までの発泡施工が基本中のキホンだ。

目に見えるところに断熱するのは当たり前。業者に依頼するときは、施工しにくいところも、きちんと現場発泡断熱されているのか、厳しくチェックしなくてはならない。

これが断熱欠損となるからだ。当然、自分でやればこういった手抜きはしないが、どうしても、現場発泡断熱の工事現場を見学してしまうと、気になる隙間は結構多い。

手抜きではないが、腕の差がはっきりしている。発泡ウレタン吹き付け断熱材のプロ施工は、厚みも均一で、削りも少なく綺麗、ロスのゴミも少なく、流石だ。

ただ、経験が浅い10年未満や5年未満の職人さんが施工することも少なくはない。上手な人もいれば下手な人もいる。

だからこそ、自分でできる発泡ウレタン「エアータイトフォーム」が重宝、必要とされることも多い。断熱材の断熱仕上げ材として使える訳だ。

エアータイトフォームは簡易タイプの発泡ウレタン。断熱工事の仕上げでも当然に利用でき、1本の価格は千円から二千円くらいで手ごろでもある。

断熱仕上げを徹底するなら必ず1缶は使った方が良い。当然、ウレタン工事以外で、グラスウール工事などでも、エアータイトフォームは仕上げで重宝される。

エアータイトフォームは専用ガンも使えるので、市販の使い捨て安物とは比べ物にならないほど、丁寧な発泡ウレタン施工ができるようになる。

どのような施工方法、どのような使用手順なのかを知るには、エアータイト社が公開している「発泡ウレタンを専用ガンで使う手順のYouTube動画」が参考になる。

発泡ウレタンスプレー缶のガンタイプ吐出は、コンプレッサーや特殊な機械装置は必要ない。

スプレー缶式の発泡ウレタンはガンタイプ吐出ができる。ただし、市販の安物だと価格相応で発泡ウレタンスプレーの種類によって吐出ガンが使えないものがあるので注意が必要。

尚、専門店が発売しているエアータイトフォームは簡易ノズルも吐出ガンも両方使えるようになっている。

発泡ウレタン本体を吐出ガンで使いたい場合、単純に、ウレタンの缶を専用吐出ガンにねじ込んでセットするだけだ。

そして、吐出ガンの引き金であるトリガーを指で引いて、発泡ウレタンフォームの泡を出すだけの仕組み。

実はシンプルだ。メリットは専用ガンをつなぐだけで、液を出したり、液を止めたり、断続的に小分け的な使用ができるようになる。

経済的で、仕事に最適で、発泡ロスも落ち着き、吐出ガンを使うデメリットは少ないが、唯一、吐出ガンを装着すると、物自体が嵩張るので狭いところでは作業しにくくなる。

YouTube動画で「エアータイトフォーム」を検索し、正しい操作方法を確認する。

現場発泡断熱のウレタン業者によるダメ工事を見抜き、施工漏れのところには、発泡ウレタンスプレー缶「エアータイトフォーム」を使うと良いだろう。

丁寧な現場発泡断熱こそ、ハイレベルな断熱になる。発泡ウレタンフォーム断熱材を使った工事の仕上がりを、隠さずにみんなで徹底することで、喜ばれる省エネ効果が得られるだろう。

発泡ウレタンの通販ページ

【発泡ウレタンの役立つおすすめサイト】

発泡ウレタンの専門店が運営する発泡ウレタンの公式直販サイト。日本随一の現場発泡ウレタンスプレー缶の専門店。個人でも会社でも直接相談しながら注文可能。

2001年に業界初のノンフロン発泡ウレタンスプレー缶「エアータイトフォーム」の発売開始時より初心者からプロフェッショナルユーザーまで幅広いユーザー顧客層に定評の発泡ウレタンスプレー缶のプロショップ。

スポンサーリンク
トップへ戻る