発泡ウレタンスプレーで電気温水器タンク、エコキュートの断熱保温保冷をウレタンで断熱強化。

電気温水器と発泡発泡ウレタン

会社にある電気温水器を分解してみると、タンク部分には断熱材が硬質発泡ウレタンではなく、安っぽいグラスウールが包んで挟まっているだけ。これでは保温性はいまいちだ。電気温水器の温度は80℃位にキープされる仕組みだが、保温断熱不足だと電気代が勿体無い。もちろん、エアータイトフォームで断熱強化してみる。

相変わらず当店では、エアータイトの発泡ウレタンについての問い合わせ相談が増えている。

保温や断熱や造形や工作など様々。新規の問い合わせでは「発泡ウレタンの用途確認や施工法」に関する相談が断然に多い。

エアータイトに声を掛けいただけるお客様は当社の発泡ウレタン専門サイトや特設サイト(じっくり読まないと理解できないサイト)を経由しているためか、とても真剣な方が大半である。感謝である。

日々、同業者では営業セールスで忙しいことだろうが、エアータイトは他社と異なり、一つ一つの発泡ウレタン用途を大切にしているため、正直、営業セールスに出かける暇はない。

毎日、新規、新規、の多様な問い合わせの確認応対だが、20年以上の仕事経験があるため、もちろん、知見経験だけでアドバイス即答できることが大半だ。

だが、そういった場合でも自らの復習を兼ね、その問い合わせをニュートラルに考え、応対の解決を焦らずに、再度、自分の手による発泡実験をしておくことが新しい発見に繋がる。所謂、幅のある応対力のスキルアップである。他社らの真似事とはわけが違うだろう。

お客様A
エアータイトで施工するのは無謀かな。
AIRTIGHT
エアータイトの発泡ウレタンなら小規模の発泡施工が自分でもできる。

重複するが、発泡ウレタン「エアータイトフォーム」の用途は、DIY、造形、保温や保冷、断熱工事など様々である。

スプレー缶だからそのイメージ的に小規模に適す商品であるのは言うまでもないが、施工方法に教科書はない。教科書を作るべきでもない。

だれが施工するのか、予算、そういったことの影響でも、おすすめする商品は変わってくる。やめた方が良いことも中にはある。

忙しい日々だ。尚、小型の電気温水器でタンクの断熱強化なら画像の「ピンクエアータイトフォームのLサイズ」が1缶あれば足りる。

電気温水器、エコキュートの命(電気代の省エネ節約)は貯湯ユニットの断熱保温性であろう。

小型の電気温水器(20から30リットルの貯湯タンク)の保温性向上ならば、費用や予算は、うまく施工すれば、ウレタンフォーム材は千円前後から二千円前後といったところだ。

もちろん、発泡ウレタンスプレーの使用は専用吐出ガンが絶対的に作業しやすい。液を出したり止めたりできる。

もちろん、吐出ガンを購入して損することはないが、予算に合わせてエアータイトの吐出ガンレンタルも安く丁寧に仕上げたいDIYではおすすめだ。

発泡ウレタンの通販ページ

【発泡ウレタンの役立つおすすめサイト】

発泡ウレタンの専門店が運営する発泡ウレタンの公式直販サイト。日本随一の現場発泡ウレタンスプレー缶の専門店。個人でも会社でも直接相談しながら注文可能。

2001年に業界初のノンフロン発泡ウレタンスプレー缶「エアータイトフォーム」の発売開始時より初心者からプロフェッショナルユーザーまで幅広いユーザー顧客層に定評の発泡ウレタンスプレー缶のプロショップ。

スポンサーリンク
トップへ戻る