コスプレ造形や工作でも使える 発泡ウレタン スプレー缶の必要十分条件とは何か考える。

発泡ウレタンスプレー缶のエアータイトフォームはコスプレ造形や工作美術のアート材料としても使われている。販売者側で蓄積された用途情報や技術情報の公開などサポートを徹底したことで「ユーザー側で使い勝手(説明書の充実)」が良くなった発泡ウレタン。

以前にもブログで書いている通り、エアータイトでは「発泡ウレタンの必要十分条件」の定義をまとめている。

便利そうで、便利ではない発泡ウレタンスプレー。

簡単そうで、簡単ではない発泡ウレタンスプレー。

自分にとっては簡単でも、お客様にとっては簡単ではない。

もちろん、誰だって使えばわかる。

なでは、市販される他社品の評判があまり良くないのは何故か。

なぜ、市販される他社品はスタッフの技術サポートレベルが低すぎるのは何故なのか。

品物が悪いとか良いではなく、商品を売り急ぐ販売者の「価格方針(安くすれば売れる)」の悪影響が強い。価格を安くしなくては売れないような商品が多い。

発泡ウレタンスプレー缶の業界では既に売り手の姿勢は二極化しているわけだが、安さを売りにする販売業者は、会社として売れるもの欲しさ、単なる一つの商材でしか考えていない。

市販品の場合は発泡ウレタンの用途を相談した際に、使える、使えない、だけで回答するようなスタッフも多いだろう。知らないくせに。

発泡ウレタンスプレーをきちんとした価格帯でハイレベルにユーザーの必要十分条件を見抜くことができる販売業者はいない。

商品の「安さ」「低価格」を売りにしてしまうような業者(安いものしか売れない業者)が取り扱うような商品群は、中国製や韓国製などのアジア大陸系のコピー品が多い。

反面、日本製やアメリカ製やヨーロッパ製の商品はそういった廉価版としての販売は殆どなされていない。

発泡ウレタンスプレー缶業界で、数えることができる4社の製品はロングセラー化といえる。

少しは歴史ある同業者(もちろんスピリッツが引き継がれているのかは微妙)は、このマニアックな商材分野で発泡ウレタンスプレー缶の普及啓発に共存共苦してきた背景もあって、流石に尊敬している部分もある。

競合と呼べるのは4社ほどだが、その内の1社については2液性ではまさにロングセラーの域だ。もちろん、営業を一人でやってるわけじゃなさそうだが、感心する。

ただ、裏事情としては昔から海外製品の2液性は今よりも品質が悪くて大変だったと記憶する。しかしながら、そういった2液性の老舗でも1液性のものはまだロングセラーと呼べる域ではない。

さらに、その別の1社に関しては化学品を扱う会社でのブランドがあるが、数年前に価格競争に追いやられていた。過去にいわゆる暴利設定だったためであろう。

今ではアジア大陸系の廉価版を取り扱う会社も見受けられる。化学系の会社が廉価版を物売りする行為は見ていて微妙な気がする。強気で良いのではないのか。

マニアックすぎるが、この業界を考え続けていくと、唯一だが、その内の一社だけ20年以上も前からブレずにヨーロッパ製の商品を取り扱い続けている外資系の会社がある。

競合品の営業ではないが、ポリシーある売り方を続けている輸入ブランドがあり、そこはそもそも海外土木工具系がメインらしいが、営業製品の方針にブレが少ないことから、価格より品質を重視した商材が多く、且つ、ユーザーへのフォロー体制(発泡ウレタンの技術フォローは中レベルらしいが)がきちんとしていると評判だ。

もちろん、数より質の重視であろう。外資系販社はこの時代、業績は伸び悩んでいるかもしれないがファン層も多いことだろう。

その会社から発売される輸入工具の価格体は決して安くはない。なかなか良い工具が多い。どんなものでも価格を安くする営業は誰にでもできる術だが、安さを武器にしない営業を、一人一人の販売スタッフがルールとマニュアルに基づいて販売応対を続けているとからこその賜物であろう。

短期、中長期でスピリッツを見習いたいものだ。

「安くて、早くて、美味い」というような牛丼商売は飽きも早い。結果、値上げとなるだろう。

インターネットで工具などの安物廉価版を低価格や最安値で売るような業者の動向を観察してみると、売り手の販売基礎が弱いためなのか、成熟が早い。もちろん、クチコミも嘘くさい。

やはり、廉価版は本物や本物志向の強さを超えられない。安物は安物である。

発泡ウレタンに関しても、売り手側が「発泡ウレタンスプレーの技術に関する必要十分条件を理解」するには知見経験がとても大切なこととなる。5年や10年では何も見えない。

プロショップでは人真似の売り方は通用しない。知識を持って行動しなければ、新しい技術応対力は蓄積されない。

ロングセラーとはもちろん、お客様に対する感謝でしかないだろう。そして、本物の商品はロングセラーというキャッチを語らない(語れない)。

お客様が発泡ウレタンスプレー缶を気持ちよく採用することができ、作業の失敗や成功を経験し、発泡ウレタンスプレー缶の新しい感想がクチコミで届くことがシェア拡大の栄養源なのかも知れない。

まさに、万人に使い勝手の良い発泡ウレタンなど存在しない。

発泡ウレタンの通販ページ

【発泡ウレタンの役立つおすすめサイト】

発泡ウレタンの専門店が運営する発泡ウレタンの公式直販サイト。日本随一の現場発泡ウレタンスプレー缶の専門店。個人でも会社でも直接相談しながら注文可能。

2001年に業界初のノンフロン発泡ウレタンスプレー缶「エアータイトフォーム」の発売開始時より初心者からプロフェッショナルユーザーまで幅広いユーザー顧客層に定評の発泡ウレタンスプレー缶のプロショップ。

スポンサーリンク
トップへ戻る