発泡ウレタン専門店のある、千葉県八千代市の田舎側はこんなところ。

発泡ウレタン専門店のある千葉県八千代市と言うところは千葉県北西部の葛南地域に位置する市で人口は約19万人ほどらしい。運賃がトップクラスで高いと有名な東葉高速線沿線だが、沿線中心に宅地開発が行われている。

発泡ウレタン専門店は近くに京成バラ園とか船橋アンデルセン公園があるところ。

都会ではない。また、最寄りではないけど最寄りとなる駅である東葉高速線沿線の八千代緑が丘駅、八千代中央駅は同線開通15年ほどなので、古びた感じでもなく、新しい街開発が徐々に進んできた感じ。

しかし、発泡ウレタン専門店のあるエリアは工業団地でもあり、千葉県八千代市という町の中でもまさにプチ田舎と言えるところ。畑や田んぼ、牛も見れる。まだまだ昔の街並み風情が残っている良いところだ。

以前は東京都で30年近く仕事をしてきたため、勿論、東京都の利便性と比べると不便さも強く感じるのは事実だが、それでも駅周辺はまあまあ活気ある街並みになってきた。

もともと、当社ではここをエアータイトテクニカルセンター研究所として作業利用してきた場所。

来客などは意識していなかったため、今もお客様に対して「ついでに寄ってください」とはなかなか言いにくい。それでも東京のように余計な来客はないのでマイペースで業務ができる。

もちろん、ここへたどり着くには車かバイクでないと電車の駅もバス停からも徒歩ではきつい。周辺は山道っぽいので夜は驚くほど暗いし、季節でカエルも虫も鳴く。

とは言え、ここ最近は近くに住宅も増えつつあり、日中、子供たちも見かけることが増えてきた。環境の自然が残っているので住むにはとても良いところであろう。

ただし、毎日通勤していても本当に季節の変化しか感じない不思議なところである。都会とは逆だ。たまには嫌々でも満員の通勤電車に乗らなくては仕事面で何かしらの感覚が鈍るのかも知れない。

発泡ウレタンの通販ページ

【発泡ウレタンの役立つおすすめサイト】

発泡ウレタンの専門店が運営する発泡ウレタンの公式直販サイト。日本随一の現場発泡ウレタンスプレー缶の専門店。個人でも会社でも直接相談しながら注文可能。

2001年に業界初のノンフロン発泡ウレタンスプレー缶「エアータイトフォーム」の発売開始時より初心者からプロフェッショナルユーザーまで幅広いユーザー顧客層に定評の発泡ウレタンスプレー缶のプロショップ。

スポンサーリンク
トップへ戻る