発泡ウレタンの質問で問い合わせをいただく前にお読みください。

発泡ウレタン 技術実験
スポンサーリンク

発泡ウレタンスプレー製品を活用するには使用方法と施工方法の二つをマスターすることが基本中のキホンである。もちろん、正しい施工こそが正しい効果を発揮できる。誰にでも簡単というのはありえない。作業者は発泡ウレタンをノズルタイプで使うのか、ガンタイプで使うのか、この選択が最も重要である。

  • 発泡ウレタンの使用方法
  • 発泡ウレタンの施工方法

発泡ウレタンのスプレー缶から出てくる原料は液体ではなくムース状である。ゼリー状でもなく、セメントやモルタルのような感じでもない。吐出具合は生クリームを絞って出すような感じに近い。

ウレタンの缶にはストローノズルが付属しているので、このノズルを缶にきちんとセットし、缶を振り、缶を逆さにし、缶を握り、指でノズルの根元を斜めに倒してウレタンフォームの泡を吐出開始できる。

YouTube

発泡ウレタンスプレーは専用吐出ガンというピストル型の吐出器具でも使うことができる。

ただし、市販品の廉価版の場合はガンタイプでは使えないような使い捨てのものもある。価格に惑わされずに注意が必要である。エアータイトフォームの場合はノズルタイプでもガンタイプでも使えるので心配はない。

YouTube

発泡ウレタンを使用する発泡施工とは、用途によってはガンタイプで使わなければ施工できないケースも多いが、このあたりのことは実際に商品を触ってみなければわからないことだ。

サイズを太く大きく仕上げるならばノズルタイプでの吐出で十分だが、作業を中途保存したり、ウレタンを出したり止めたりする使い道ならば発泡ウレタンスプレーはガンタイプで使用しなくてはならない。

現場発泡ウレタン断熱材の火気厳禁は、周囲での溶接や火花、ウレタン火災に注意。
また、壁や屋根の断熱とかで使用される2液性の吹き付け発泡ウレタンで火災やプラスチック系断熱材が燃える火事になるという事故のニュースがあったようです。難燃性発泡ウレタンも簡単に燃えます。現場発泡ウレタンフォームが燃えやすいということが悪ではなく、ウレタンのメーカーや断熱業者は断熱材のウレタン火災について未然防止するため、建築や建設の作業時に燃えるようなところに大量に施工採用するならば、自分以外の周り...

発泡ウレタンの施工方法で肝心なことは、もちろん、発泡施工を成功させることだが、それには「吐出量」を間違えないことが重要な条件となる。ウレタンを出し過ぎれば失敗、無闇にそのまま入れてしまうとうまく固まらない。ノウハウが必要となる。

ただ、単純に一面接着における断熱の用途なら、断熱したいところに泡を塗るだけなので、誰でも施工できると言っても過言ではない。ただし、充填や注入の場合には話は異なってくる。

発泡ウレタンスプレーは何にどこに使うのかでテクニックが異なる。

何かと良いことばかり書いてあるような市販品を闇雲に使ってしまい失敗する人が見受けられるのは事前のフォロー体制が悪すぎるからである。