発泡ウレタン断熱材は仕上げこそ重要。健康住宅の断熱仕上げ材でシンプルに発泡ウレタンを活用する。

セルロースファイバー断熱材 発泡ウレタン 販売商品
スポンサーリンク

健康住宅など住宅建築では現場発泡のウレタンや現場充填のセルロースファイバー断熱材の施工は隙間なくみっちり壁の中に納まるのは見ていてすごい。

セルロースファイバー断熱材や現場ウレタン断熱材などの施工では、発泡ウレタンスプレー缶は断熱材ではなく、断熱仕上げ材として使うのが良い理由。

発泡ウレタンスプレーはサブとして様々な断熱材と一緒に使うと断熱気密がきちんとできるのでオススメですが、その他にも造形やDIYでの活用、浮力や工作、アートや特撮など様々に活用できる材料です。

そもそも、硬質発泡ウレタンとは、断熱材の種類の中でも断熱性能が良い方なので熱伝導率が低く、断熱材としての活用、保温保冷の用途でも使われています。

軟質系のウレタンは気泡構造的に防水性はないですが、硬質は止水や防水にも使える独立気泡なので発泡接着剤という使い道もテクニックになります。

エアータイトフォームは独立気泡の硬質ウレタンです。湿気にも強く、接着性もあり、結露防止でも活用可能。

発泡ウレタンとは、住宅用途に絞り込んで考えると発泡ウレタン断熱材として住宅環境で有害物質とされる「ホルムアルデヒド」を代表とするVOC(揮発性有機化学物質)を発生させないことで、人に対する安全性は高いほうでしょう。

とは言いましても化学製品ですから使わないに越したことはないですが、マニアックに発泡ウレタンのデメリットを語っても、メリットを語っても、自分の用途や目的にマッチすれば費用対効果は十分に得られることでしょう。

発泡ウレタンを肯定する会社や取り扱い商社などの営業は嘘くさい人が多いのも事実です。ちょっと詳しいことを聞いてみると何でもかんでもメーカーに確認しますで逃げますし、なかなか、発泡ウレタンに熱意あるスタッフには巡り会えないことでしょう。

硬質発泡ウレタンの見た目自体は如何にも毒々しいが、建材のホルムアルデヒド放散レベルが最も小さいとされるF☆☆☆☆フォースター同等以上、告知対象外で規制を受けないVOC安全レベルの材料でもある。

そして、フロンガスを使わない発泡ウレタンの場合はオゾン層破壊係数、地球温暖化係数といった観点での環境破壊の懸念が少ないと言われている。

もちろん、それが本当なのか誇大なのか100年後になってみないとわからないのも事実です。発泡ウレタンは地球にやさしいとは流石に言わないとしても、一応の環境に対しての安全性は挙げられます。

ただし、発泡ウレタンは燃やすと燃える。

なぜか建築中の発泡ウレタン火災は時々大きなニュースになるほどで、燃焼性には注意する必要があります。特に、誇大に語られる難燃性というタイプも簡単に燃えますからメーカー業界の言う言葉はなかなか信用しにくいです。

硬質発泡ウレタンの物性は断熱性、防音性も防水性も良好と言えます。軟質のタイプは防水性は期待できないので一緒くたにはできません。

発泡ウレタンの工事で、暑すぎず、寒すぎず、静かな環境の維持、カビ臭れを低減させつつ建造物の長寿命で劣化がおこりにくい施工につながるでしょう。

また、硬質のタイプは独立気泡なので結露にも強い。アレルギーの要因であろうダニやカビや腐れから住宅や建材を守ることで、健康被害の減少にも貢献するでしょう。

そして、断熱のオーバースペックかも知れませんが、計画的な換気、高効率な冷暖房、断熱や気密をきちんと対策するには、発泡ウレタンスプレー缶は必要不可欠なアイテムとも言えます。

長年、発泡ウレタンスプレー缶の普及啓発に努めてきましたが現場発泡ウレタン断熱材に関わる仕事には、所謂、川上の仕事、川下の仕事があります。

川上にいる化学が得意な原料系メーカーの人たち、そして川下にいる現場やユーザーに近い位置で発泡ウレタンスプレー缶の用途を工夫して普及させようとしている人もいます。

川上と川下では、畑が違うし、個々が持つ発泡ウレタン技術ノウハウも全く違うことでしょうが、住宅建築の中での発泡ウレタンスプレーと言えばやはり断熱用途は欠かせない。

断熱の行方は大きなテーマで捉えると最終形態が『健康住宅』と言うワードになる。

最近では数社の現場発泡系断熱材フォーマーが、自分たちの断熱材を自社の商品名にして発泡システムをアピールしているが、昔では考えられないないほど現場発泡ウレタンは普及し始めている。素晴らしいことだが、やや勢いが雑でもある。

特に新しい工法ではない訳だが、発泡ウレタン吹き付け断熱材やセルロースファイバー断熱材などのように、壁や天井にダイレクトの吹き付け吹き込み断熱の施工は、気候風土や建築工法や予算が合うなら、まさに素晴らしい省エネ断熱工法と言えまづ。

だが、口ばかりの断熱業者や住宅会社も増えていますので、太陽光発電システム然り、あまり、発泡ウレタンの採用理由が流行り廃りなのも良い気分ではないでしょう。

これからの時代は『本物の断熱や本物の健康住宅』が大切なワードになるでしょうし、断熱材は施工して、はい、おしまい、でもありません。