折板屋根やガレージや物置や押し入れの結露防止で発泡ウレタン フォーム断熱材をスプレー缶で小規模施工する方法。

折板、ガレージや物置、押し入れなどの結露防止と断熱で発泡ウレタンスプレー缶を活用したり、住宅の小屋裏、屋根、天井への発泡ウレタンを小規模に施工する考え方をまとめてみた。

倉庫や物置やガレージ、押し入れの結露で困っている方も多いだろう。住宅の小屋裏や屋根や天井だけでなく、物置やガレージや倉庫の結露防止や断熱でもエアータイトの発泡ウレタンが有効に活用できます。

倉庫やガレージの場合、天井部材で折板屋根が使われることがあります。折板屋根とは板厚1mm前後の鋼板を用いて、山高を大きく成型し、3m~7m程度の間隔で梁の上に、タイトフレ-ム(固定用の金具)を取り付け、その上に取り付ける屋根材です。工場とか倉庫とか体育館などでよく見る屋根です。

駐車場ガレージや少し大きい物置の屋根材も折板だったり、天井は凹凸ある屋根部材だったりします。ただ、物置やガレージなどの折板屋根は断熱されていないことが多く、屋根の上と下(車庫内など)の温度差が大きくなり、天井には不快な『結露』が発生してしまっている事例が意外と多くあります。

ガレージや物置の中や押し入れがカビ臭くなっているのは結露を原因とすることが多い。

通常、結露は内外の温度差で起きるので、扉を開けておく、窓を開けておく、換気扇があるならば換気扇を回しておく、といったことで温度差を落ち着かせれば結露は低減できると思われます。

しかしながら現実問題、防犯上で扉や窓を開けっぱなしにはできず、開放のまま換気するなども非現実的と言えます。倉庫や部屋の窓やドアの開けっ放しにすると、雨風で中が濡れたり、埃も虫も入ってきてしまいます。

ガレージや物置の折板屋根や押し入れの壁などに結露が酷い場合、防カビ剤などの薬剤スプレーで誤魔化しないで、根本的な問題を解決することを考え、屋根材や天井面や壁に断熱材を施工するのが最善ででしょう。

ただ、コスト意識として、なかなか物置に予算を掛けるのも微妙ですし、押し入れ壁といった見えないところに予算を掛けるのも財布の悩みどころ。断熱物置を買い換えるといっても価格も高く、高嶺の花か。

さて、屋根材の天井が結露している場合、壁だけを懸命に断熱してもあまり効果は期待できません。設置場所にもよりますが、屋外の物置などは日中の直射日光によって天井面が最も温度差があることでしょう。やはり、天井への断熱は有効です。

折板屋根を断熱するにはどうしたらよいのか。物置の場合には凹凸部分の天井をどうやって断熱施工して結露防止すれば良いのか。

折板は形状がお山になっているのでボード状の断熱材を貼るのも悩ましく、物置の天井も鉄板の凹凸があるので、平らな板状の断熱材を貼っても空間空洞ができてしまう。それは良くない。

もちろん、結露が出てしまったところに、湿気に弱い繊維系の断熱材を嵌め込んで使うことは良くないだろう。

繊維系断熱材は形状こそフレキシブルに施工しやすいが、断熱と結露防止は切り離して考える必要があり、湿気に弱い断熱材では結露再発時のカビ腐れに要注意となる。

また、凹凸の部分に繊維系の断熱材を嵌め込むようテープで貼ったとしても、繊維は湿気に弱いため、やがて、結露の湿気を吸ってしまい、余計にカビ臭くなることもありそうです。

こう考えると『湿気に強い断熱材』『凹凸でも施工できる断熱材』『接着できる断熱材』であることが条件となってきます。このなかでも、凹凸対応、形状フリー、という条件は折板の結露防止や押し入れリフォームなどリノベーションでは必須となってきます。

発泡ウレタンスプレーの利点を既に知っている人は折板屋根の天井面である凹凸にダイレクトに発泡スプレーしようと闇雲に試みる人もいるかと思います。施工はそんなに甘くありません。きちんと施工法を考えましょう。

発泡ウレタンスプレー缶を使えば、理屈上、効果は断熱と接着が同時にできますので施工面の結露防止は可能と言えます。

押し入れの断熱リフォームなら、壁材を思い切ってバリバリと取り剥がし、発泡ウレタンスプレーのエアータイトフォームの泡を壁に隙間なく盛り付け、コンパネやベニヤを釘で打ち付けるだけで結露防止の工事ができ、不快なカビから解消される。

規模にもよるが材料予算は1万円でお釣りがくるかと思われる。

では、壁への断熱は割と容易であるが、天井の場合はどうやって施工するのかがカギとなります。もちろん、専門の業者にウレタン吹き付けしてもらうならそれでかまいませんが、現実、物置の天井だけにウレタンを吹き付けしてくれというような依頼は、新しい物置が何個か買えてしまいます。

天井施工は工夫しないと施工が難しいこともあるが、小規模の断熱なら最寄りのリフォーム屋さんや自分でDIYするのが良い。スプレー缶の発泡ウレタンを使えば直ぐに休日にでも断熱工事をチャレンジできる。

自分で結露防止はできないものか。少しでも安く結露防止をDIYでできないものか。見た目はあまり気にまらないからどうにか自分で結露防止をしたい。

発泡ウレタンスプレー缶のエアータイトフォームを折板屋根の結露防止や押し入れ断熱で活用してみるのも一つです。

天井であろうとも、壁であろうとも、造形であろうとも、発泡ウレタンの作業は汚れるリスクがあります。塗料スプレーみたいい霧状で周囲に舞うことはないですが、泡が飛び散ることはあり、その泡が床に落っこちて汚れることもあります。

知見経験をトータルで考えると、最上部のイラストがヒントとなります。とりあえず試すなら、エアータイトフォーム、発泡ボード(発泡スチロールの板でも可)、ガムテープがあれば作業はできると思います。

物置とかで作業場所が狭くて面積が少ないなら、アルミホイルの面にフォームを塗って、それを天井面に貼り付ける方が楽かもしれません。泡の面が凹凸にフィットするような施工も可能です。

重複しますが、発泡ウレタンの施工は汚れるリスクもあります。使用方法、施工方法、この2点をきちんと把握してからの使用をお勧めします。

もちろん、倉庫や体育館の天井とか何百平米などの場合は業者施工の範疇ですね。

是非、ご検討ください。

発泡ウレタンの通販ページ

【発泡ウレタンの役立つおすすめサイト】

発泡ウレタンの専門店が運営する発泡ウレタンの公式直販サイト。日本随一の現場発泡ウレタンスプレー缶の専門店。個人でも会社でも直接相談しながら注文可能。

2001年に業界初のノンフロン発泡ウレタンスプレー缶「エアータイトフォーム」の発売開始時より初心者からプロフェッショナルユーザーまで幅広いユーザー顧客層に定評の発泡ウレタンスプレー缶のプロショップ。

スポンサーリンク
トップへ戻る