スポンサーリンク

発泡ウレタンスプレーの泡を出すだけで水漏れ低減や水道管の凍結防止ができる。

スポンサーリンク

冬の水道管は凍結破裂に注意。凍結防止の材料として発泡ウレタンを水道の配管、メーターボックス、水栓柱の中に埋めると効果的。庭やベランダの水道など水栓柱の空洞部にエアータイトフォームを充填して保温断熱を強化。半永久的な断熱効果を期待。

凍結防止の材料としてエアータイトの発泡ウレタンが断熱保温材料の一つとして注目されています。形状問わずに断熱性や結露防止や凍結防止の効果が期待できるのが特徴です。

寒さが厳しくなる冬季(12月~2月)は、関東でも気温が氷点下になり水道管の凍結が起きやすくなります。

水道管が凍結すると水が使用できなくなり、洗面、炊事、入浴、トイレ、洗濯など、お客様の生活に様々な支障が生じてしまいます。

発泡ウレタンスプレー缶の問い合わせは、冬になると水道管の凍結破裂の対策の断熱効果についてお客様からの相談問い合わせが増えてきます。

水道管の凍結は、寒冷地ではよくあることかも知れません。ただ、調べると関東でも例外ではなく、冬場にお日様が当たらないような井戸水などの水道管は特に水道が凍結することがありそうです。

  1. 凍結防止の材料は発泡ウレタンスプレー缶の断熱接着施工が効く。
  2. 凍結防止の断熱材料として、繊維系断熱材は水に弱いのでダイレクトに使えない。
  3. 凍結防止の対策は隙間なく密着度を高める断熱保温を心がけて丸いところや手の届かないところにも対策を考える。

エアータイトフォームは湿気に強い独泡の硬質ウレタンフォーム。「水に強く」「水を吸わず」「断熱保温性がある」「相手と接着する」「形状にフィットする」だから「凍結防止」に効き目があります。

住宅の断熱材で使われる繊維系のグラスウール断熱材は水を含むので水回りには使用できない。

市販のパイプ保温カバーや発泡スチロールは断熱性が少しあるものの、断熱材ほどの断熱保温効果はない。流石に水道の凍結防止では効き目が弱いことがありますね。

現場発泡ができる発泡断熱材のエアータイトフォームなら、ムース状の泡が隙間の隅々まで発泡充填されるので、工夫次第で、利用してみる価値は十分にあることでしょう。

生活の中で、井戸水や水道を毎日少しでも使っていれば、昼間のお日様パワーでどうにか凍結は低減できます。水道をゆっくり出しっ放しでも凍結は低減できるかも知れません。

しかしながら、会社や工場の場合、土日などの休み明けの朝一番は水が出ないことがある。そうなると結構困るものだ。

無理に水を出していると負荷がかかり、モーター故障、水道管やパッキンなど、どこかしら劣化しているところが破裂することも考えられる。

大きな出費につながる可能性もあるので、侮れない。

地域の天気、気候とは毎日上手に付き合っていく必要がある。晴れを願っても仕方がない。住宅や会社の設備故障など、無駄な出費コストはできるだけ、対策することで、抑えたい。

発泡ウレタンスプレー缶のエアータイトフォームなら、施工したい形状を問わずに、四角いところでも、丸いところでも、数秒間フォームを吐出するだけ。発泡充填の断熱ができる。

発泡作業は決して難しくない。基本、泡を缶から出すだけだ。しかしながら、自分でも対策が安くできるんだということを知っている人は少ない。

材料代はエアータイトフォームのMサイズが1缶で1,500円税別、Lサイズだと1缶で1,800円税別だけで、確実な断熱施工ができる。

業者に頼むよりも結構安いはずだ。しかし、水栓柱のキャップ部分などはリフレッシュしないと見た目が悪い。

いろいろ探して、通販で部品を買ったり、自分でDIY補修するのもなかなか良い。

トップへ戻る