現場発泡ウレタン 断熱材の火気厳禁は周囲での溶接や火花にも注意。

発泡ウレタン 火気注意

INDEX

最近、また、壁や屋根の断熱とかで使用される2液性の吹き付け発泡ウレタンやプラスチック系断熱材が燃えて火事になるという事故のニュースがあったようです。現場発泡ウレタンが燃えやすいということではなく、なぜ、断熱業者は断熱材を燃えるようなところにも大量に施工してしまうのか。

先日も二液性吹き付け発泡ウレタンで火事という言葉のニュースを見ました。更に、だいぶ前ですが発泡ウレタン業界の方なら知っているとは思いますが、スポーツ新聞で京都競馬場で火災っていう大きな見出し記事も当時は驚きでした。実はこれも2液性発泡ウレタンの吹き付け工事なんですね。

最近のニュースでは可燃性(これは意味が違うと思うが)の断熱材なんて言われてしまうこともあるのですが、二液性の現場発泡ウレタンやボード状の発泡ウレタンも不燃物ではないので、一般的な建材と同様に建築中の火災だけでなく、住んでいる時、そして住宅リフォームや解体時の火花や溶接バーナーも要注意である。

私たちが専門の発泡ウレタンは簡易タイプなので造形や充填接着や隙間埋めがメイン用途。断熱材で内壁や外壁の面に多量に吹き付けるものではありませんが、こういった火災ニュースで気になる業者施工によるウレタン吹き付け断熱材を施工しているような住宅や、外断熱のウレタン断熱材やポリスチレン断熱材などのプラスチック系断熱材を採用している住宅は、果たして火事や火災には弱いのだろうか。自然に燃えるようなものではないと思うのだが、燃えやすいのだろうか。

「発泡体の難燃という商品でも容易に燃える」

「業者は建築中の火気厳禁だけをアピールする」

現在、施主側では地震や耐震や免震は気になる技術だろう。住宅を火事や火災で選ぶことは少ないにせよ、火災や火事のニュースを見る限り、住宅会社や吹き付け断熱材、ボード状断熱材の販売施工で、火災時のリスクを丁寧に施主に伝えているのだろうか。断熱性や省エネなどの特徴が誇張されているのだろうか。

石膏ボードは燃えないと思うが、家具も木材もソファーもカーテンも殆どの材料は燃えるものだろうから、断熱性も燃えることが悪いのではなく、気になることは「難燃」という中途半端なタイプである。

「難燃」を信じきると大変である。通常の発泡体でも難燃という発泡体も簡単に燃える。酸素指数など燃え難いのは数値上の話であり、施主や業者が難燃の意味を勘違すると大変なことになる。難燃という発泡体でもライターで簡単に燃える。

ここ最近では住宅や倉庫などの壁や天井にも大量に使用する大掛かりな2液性吹き付け現場発泡ウレタンだが、省エネ断熱材としてポリウレタンやポリスチレンなどのプラスチック系断熱材を内断熱や外断熱で壁全面に施工されることも多く、万一、それが燃えたら、真っ先に通報、すぐに消火しないと危ない。

発泡ウレタンは塩ビなどのプラスチックみたいに溶けて燃えるものではない自己消火性とも言われるが、空気を含む発泡体なので上方向には燃えやすい。ただ、根本的に、火に強いとか弱いではなくて、不注意による火災事故もゼロ化していくような
試みが必要なのかもしれない。

しかし、断熱材施工について住んでいる人は建築業者に断熱された家ということしか聞かされていないことでしょう。詳しくない方が大半である。もちろん、施主が業者と立ち会って断熱施工したり自分で断熱施工をしたならば、利点と弱点を学んでいるとも思われる。

流石に、2液性現場発泡ウレタンや内壁や外壁のプラスチック系断熱材の施工は個人が使うようなレベルの製品ではなく、専門業者による施工が大半である。

では、なぜ、プロである業者施工にもかかわらず2液性現場発泡ウレタンやプラスチック系断熱材の火災事故がニュースになってしまうのか。きちんと、弱点を施主に説明した上で工事をしているのか。施主に対して難燃とかで誤解させてしまい妙な安心感を与えてはいないだろうか。

発泡ウレタンやプラスチック系断熱材は優れた断熱材であるが、ここ数年は発泡ウレタンやプラスチック系断熱材の火災事故のことを聞かなくなったと感じていたが、ここ最近は無知な断熱業者や無理な施工が増えたためか、業者施工の2液性発泡ウレタンやプラスチック系断熱材の火災事故ニュースが少し増えている感じがします。

単純に材料は燃えることが悪いということではなくて、住宅の場合は生命に関わることもあるので知らなかったでは済まされない。施主には断熱メリットだけでなくデメリットもきちんと理解して頂いた上で工事をしたり、施主と業者が一緒に火災リスクに取り組む姿勢が中長期で必要なのかも知れない。当然、住宅リフォームや解体時の火災も要注意であるが。

  1. 発泡ウレタンは断熱材だが、耐熱材では無い。
  2. 発泡ウレタンの難燃性モデルは信用(余裕で燃やせる)できない。
  3. 発泡ウレタンをわざわざ燃えるようなところに使わない。
  4. リフォームや解体時の火花や溶接バーナーも禁止事項。

断熱と耐熱という誤解があるかと私は感じています。そりゃ詳しい人であれば、耐火や耐熱という理屈がわかりますが、断熱ってどの温度までのことか、耐熱ってどの温度以上のことか、なんて知りません。似たような言葉ですが、この温度のラインを履き違えると、一気に、危険になると思います。燃えることが悪いんじゃなく。メーカー側の営業がきちんと理解しないと設計任せは危ないですね。例の、偽装は論外ですが。

2液性発泡ウレタンは、家や倉庫や工場などの壁や屋根とかに広範囲に施工する大掛かりな感じが殆どなので、施工中も当然ですが、施工後も施主や依頼者は火気注意に徹底しないと大変な事故につながります。

まず、問題なのが難燃性の発泡ウレタンを強調する製品に要注意。実はこれ、簡単に燃えます。発泡ウレタンの難燃性ってあまり効果が無いのが事実です。難燃性試験に適合だろうが燃えます。メリットだけ鵜呑みにせず、しっかりと施工業者やメーカーに火気の危険性は聞いておきましょう。

難燃性と聞いてしまうと素人は安心してしまいますが、難燃性の発泡ウレタンでもライターで容易に燃えますから、机上データ、技術うんぬんではなく、俗にいう難燃や耐熱ではないことは正しく理解する必要がありそうです。

スプレー缶式の発泡ウレタンなので、用途的に流石に広範囲に施工することはあまりないので火災に関して大きな心配はないのですが、しかし、商品自体の火気注意は重要なルール。

発泡ウレタンは空気を含むプラスチック系断熱材なので、木材とか生地とか紙とかと同じように燃えます。プラスチック系の発泡体なので300から400℃前後で燃えます。この温度って数字で理解すると一見、燃えにくいのかと思っちゃいますが、決して、すごくは無い温度。

燃えやすい生地とか燃えやすい紙とかと同じですが、火のあるところや、火を使う計画があるところに施工すれば当然に燃えます。だから、発泡ウレタンが悪者では無いにも関わらず、なぜか、発泡ウレタンが燃えて火災になるとクローズアップされやすいんですね。木材が燃えるのも同じ感じだと思います。

やっぱり、発泡ウレタン断熱材での用途を履き違え、難燃性という理解しにくい言葉により、耐熱性能があるかのような錯覚を与えてはいないのか。

反面、小規模施工で使われることが多いスプレー缶発泡ウレタンで、特に注意したいのが、溶接バーナーの火や熱なんです。特に一人で作業することが多いDIYでは侮ってはいけないことです。

当社でも実験や作業で溶接をする機会が偶にあるのですが、溶接の専門家ではないため、溶接機から、どのような角度で熱が出て、どのような感じで火花が散るのかなど知らないことが多いのため、発泡ウレタンと溶接に関してエアータイトのユーザー様に具体的に注意喚起をどのように徹底するべきか、どのようにアドバイスするべきか、なかなか難しいところではあります。

溶接にも種類がありまして、家庭用溶接機や業務用溶接機までいろいろです。溶接機の種類は別としても、DIYや業務用でも発泡ウレタンを使うユーザーは溶接の火花などには十分に注意をしましょう。

冬場の作業場はとても寒いですが、知らぬ間にストーブの近くにエアゾール缶を置くことだけは絶対にしないように注意をしましょう。昔から、発泡ウレタンの火災についてはわかりきっていることですから業界全体が取り組めば事故は減るのですが、売れればいい、シェア拡大、価格を安くして売るだけの低レベルな競争も目立ちます。

当社としては発泡ウレタンスプレーの専門家として、クドイですが全国のお客様に真剣に製品のことを理解して頂くことで製品普及をさせたいと考えています。少しだけでも真面目に使い勝手のことまで考えながら営業に取り組みたいと考えます。

発泡ウレタンの通販ページ

【発泡ウレタンの役立つおすすめサイト】

発泡ウレタンの専門店が運営する発泡ウレタンの公式直販サイト。日本随一の現場発泡ウレタンスプレー缶の専門店。個人でも会社でも直接相談しながら注文可能。

2001年に業界初のノンフロン発泡ウレタンスプレー缶「エアータイトフォーム」の発売開始時より初心者からプロフェッショナルユーザーまで幅広いユーザー顧客層に定評の発泡ウレタンスプレー缶のプロショップ。

スポンサーリンク
トップへ戻る