発泡ウレタンでデッドニング、車の改造やエアロ補強、キャンピングカーや保冷車の断熱、防音デッドニングで活用したり、発泡ウレタンスプレーを活用したワンオフ自作のDIY。

発泡ウレタン 車

スポンサーリンク

発泡ウレタンでデッドニング、車のエアロ補強や改造でも活用できる発泡ウレタンスプレー缶のエアータイトフォーム。車のエアロパーツを修理したり、バイクのカウルやシートのあんこを作るときの原型や型取り、ワンオフ、削り出し、デッドスペース、保冷車やコンテナの断熱保温などとスプレー缶の発泡ウレタンだから形状問わずに多目的に使える。

車のボディ、車のデッドニングで発泡ウレタンを使用したり、防音、きしみ、キャンピングカーや造形、保冷コンテナ車の断熱や修理、工作、船舶不沈や浮力保持、日曜大工や趣味まで、発泡ウレタンを使おうとするDIYをサポートする発泡ウレタン専門のエアータイト。

発泡ウレタンスプレー缶の施工方法を相談しながら、発泡ウレタンのエアータイトフォームを購入して使ってみよう。

エアロパーツやバンパーやリップ、ウイングやフェンダー作りなど、オリジナルの形で発泡造形するなら発泡ウレタンスプレー缶が活用できます。

もちろん、様々な用途を専門に見てきましたので、私たちは安易に発泡ウレタンは簡単ですとは言いません。幅広い用途、幅広い目的、様々な形状、様々な材料に対する施工、様々な場所で施工…。なかなか、発泡ウレタンという材料はユーザーガイドなど教科書を作るのは難しいものです。

全国のお客様からの問い合わせは、施工作業のこと、設備や装置への施工方法のこと、加工性や接着性のこと、エアータイト社にお客様から寄せられる相談は、市販品を使ってしまった試行錯誤での失敗まで、発泡ウレタンスプレー缶の問い合わせ内容は様々です。

もちろん、DIYの成功とは実験するゆとりが大事です。物売りのキャッチコピーなどあてにならず、販売者の能書きや論よりも証拠となる実験経験こそサポートでは重要となっています。

多くのユーザーを支援できるようになるため当社はエアータイトフォームを使って、発泡ウレタンの用途相談を実際に実験して試みるサービスも受付しており、狭い場所ですが発泡ウレタンの秘密基地が「エアータイトテクニカルセンター」の作業エリアです。いろいろな工具や材料などを駆使し、用途開発の基礎技術を固めております。

エアータイトの発泡ウレタンは車の改造で使ったりなど、住宅の断熱とか簡単な用途だけではなく、造形や浮力保持や空洞充填や発泡ウレタン断熱材など幅広く活用できる。

さて、車で発泡ウレタンを使う場合の目的は、防音デッドニング、エアロパーツ、加工や造形といった用途が多いです。DIY特有の『何か向上させたい』というときに計画してみると面白いですね。

発泡ウレタンのエアータイトフォームはそもそも断熱性があるので、もちろん、保冷車やキャンピングカーなどの車も、住宅建築でも倉庫でもメインにする断熱材の『断熱仕上げ』での活用も魅力的。高断熱や高気密の快適さは素晴らしいことなので、体感し満足して欲しいものです。DIYで作業するなら数千円の予算でできます。

断熱材で使えると言いましてもそれをマニアックに捉えると、そもそも、断熱の良さ、防音や遮音性の感じ方には個人差があります。断熱材の種類にも好き嫌いもありますね。

昔から、グラスウールなど繊維系断熱材に関係者は発泡プラスチック系の断熱材を肯定する売り方はしないですし、発泡系の関係者は繊維系断熱材のシェアを削ろうと必死ですし、大手さんはそんなレベルですから、なかなか、一般人には素材そのものの本当の良さは伝わらないものです。

余談ですが、そういえば、小学生の頃、北海道の冬ってとても寒いというイメージが強かったんですが、大人になってから北海道に行ってみると、実際には住宅の断熱意識や地域の人たちも断熱という住まう知恵が整っているので、北海道の住宅は冬でも意外に快適だったという思いがありました。テレビのニュースで大雪が降っているのを見ると、お家の中も寒そうと感じてしまうものです。こういったことからも、些細なことに注意し、いろいろと先入観はクリアした開発が必要だと感じさせられます。

車の防音、デッドニング、車や住宅を発泡ウレタン断熱材施工しても、過ごし方に変わりは無い。全ては自己満足で悪くない。その微妙な感じやセンスが楽しいわけである。

話が変わるが、車の運転中にロードノイズが気になることが増えました。道路が悪くなったのではなく、ケチって韓国製や中国製の安物タイヤを取り付けると、ゴロゴロした音が冗談じゃないほど感じます。

そのゴロゴロ感は『どっか壊れたんじゃないか』と思うほどのノイズが入るのですが、人によっては『別に普通』である。

バブル期の高級車は気密性が心地よく、今よりも静かで良かったという思いがある人もいるでしょう。ロードノイズしかり、ドアの防音性しかり、『程よさ』があった。

これは住宅居住空間でも例外ではなくて、やはり、関東エリアでの高断熱高気密は過剰スペックなのは言うまでもないか。

機能性向上、高性能も価格相応なら魅力ですが、住宅でも車でも、大手メーカーさんの開発や改良の方向性に寂しさがある技術の進歩にも見える。所謂、昔のファミコンの方が面白かったという説ですね。単純かつシンプルに。

また、『子供は外で遊んだ方が元気な身体に育つ』これが事実なら、最近の高断熱高気密住宅は子供の成長に果たして影響がないのだろうか。次世代は、心地よいところでないと暮らせなくならないのだろうか。

高断熱高気密の住宅のせいで、100年後とか200年後などに生まれてくる子供たちは弱々しく成長しないのか。専門ではないですが、こう断熱の家とか無かった時代の原始人の方が現代人より強そうですよね。

国はZEHや省エネ住宅を推しているが、断熱住宅の快適さの裏側にある人の成長や健康に関するデータや見解を見てみたいですね。

もちろん、現在進行形の健康は守れるだろうし、今を生きるなら断熱と結露防止が整い、健康的な住宅になれば病気は減るだろう。ただ、人間は水槽の熱帯魚じゃないんだから、水温27度じゃないと白点病になっちゃいますでは済まされない。ぬくぬく育ちの良さ悪さも考えておきたいものです

まあ、ナンダカンダ言いましても夏はエアコンがフル稼働です。頭で理解する節約とか省エネは実践は本当に難しい。省エネするにもお金もかかるし、省エネしないと電気代もたかいしね。

2001年の設立後に発足の発泡ウレタン情報発信基地のエアータイトテクニカルセンターでは発泡ウレタンスプレーの用途について個人ユーザーの発泡DIYをサポート。趣味、車、フラワーアレンジの土台など様々なサポート内容。

本題ですが、発泡ウレタンスプレー缶の用途を細かく問い合わせ応対するために、様々なハンドツールを買ってきて、一回ポッキリしか使わない、なんていうこともDIY派の人にとっては当たり前です。整頓するとこれ何用か忘れてしまった工具も多いので困りますが。

発泡ウレタン中心に、王道のDIYと言わんばかりの勉強を繰り返していますが、実験の経験こそ宝を信じます。成功も失敗も、すべては自己の満足になり、強みです。

発泡ウレタンスプレー缶のサポート業務は論より証拠。既に20年以上は発泡ウレタンスプレーに特化して親しみつつ憎しみも持ち、先入観を抑えながらの感ピューターも駆使し、私は綺麗な白衣では研究をしません。

泥んこ作業着が必須です。発泡ウレタンという材料はそうやって付き合う素材でもあります。

車への使用、工作や造形などワンオフやオリジナル、発泡ウレタンの問い合わせ内容にも変化が出ている。

最近、発泡ウレタンに関する問い合わせ内容が少し変化してきた。

エアータイトは物売りや安売りセールが主体ではないため、発泡ウレタンスプレー缶の技術応対アドバイスの要望が増加している。

ユーザー側が考えた発泡ウレタン活用の用途に対する工夫アドバイスの質問がやや多い。エアータイトでは一つ一つの応対に伴って、流石に、技術や発泡ノウハウが蓄積される。

発泡ウレタンスプレーの専門家として色眼鏡で市場調査すると、最近は、商売上手な安物の競合品も幾つか市場に出ていることに嫌気がさす。

ケミカル材に限っては特に中国製や韓国製などの安物は敬遠されやすい。残念ながら、化学的なイミテーションや人まねの限界があるからだろう。発泡ウレタン吐出ガンなどのコピー品などは一回二回の使用で詰まって使えなくなるなど当たり前に起きている。

世界の発泡ウレタンスプレー缶商品を20年ほど見てきたが、もちろん、安物もハイグレード品も存在する。私は製造者ではないため、成分上のノウハウで最後の一滴が何なのかなどの興味はないが、たとえ、物が良くても間違った使い方をされると意味がない。

日本人なら韓国製や中国製とかではなく、発泡ウレタンも工具類も良いものを使いたい。日本人や世界の人が日本製やヨーロッパ製のものを信用するには理由があるのでしょう。

安さだけの大陸系、安物コピー品には違和感を感じますね。中華製はすごい安いなと驚くカーナビや道具も多いので財布には優しいんですが、何故か長持ちしませんし、サポート内容は技術サポートではなくて、交換云々が前提なので、話になりません。

当社の技術やキャッチコピーを真似して他品を売ったりする会社もあるのですが、そういうことはやめて欲しいものですね。売れれば正しいのは事実ですが、プロショップでは、儲かるのか、儲けるのか、難しいテーマです。

さて、発泡ウレタンスプレー缶のことなら発泡ウレタン専門ブランドの発泡ウレタン公式サポートページは発泡ウレタンのDIYで最も参考になる専門サイトですので、時間があればご覧ください。

ニーズに見合うことを最優先し、DIY技術のフォロー、過剰スペックにならないプロの目利き、ハイグレード品の商品開発に全力を注ぎたいものです。発泡ウレタンスプレー缶の相談なら女性や男性や地方を問わずに気軽にお問い合わせくださいね。

トップへ戻る