発泡ウレタンの実験 | コピー用紙の上に発泡させる

発泡ウレタンは施工時に染みにくい。材質にもよるが、コピー用紙に塗布しても表面で固まる。紙が水で染みる感じにはならない。もちろん、紙と発泡ウレタンは接着するため、無理に剥すと、紙が破れる感じとなる。


普通に市販されているコピー用紙。

吐出1分後ぐらいの発泡様子。ムース状です。

吐出10分後ぐらいの発泡様子。でこぼこが減って膨らんできた。

吐出30分後ぐらいの発泡様子。さらに膨らみだいぶ丸み帯びてきた。

吐出60分後ぐらいの発泡様子。ウレタン表面は艶が出て、コピー用紙は少し浮き上がる感じだ。

吐出60分後ぐらいのコピー用紙の裏側の様子。ウレタンの裏側は少し形が変わって濡れているような感じ。でも、浸透はしていない。


テクニカルセンター担当者コメント

今回の発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を活用する実験では、コピー用紙の上に発泡ウレタンを直接吐出する実験だった、コピー用紙は机に敷き、固まるのを待つと、少し歪んだ。ただ、裏側に発泡ウレタンが浸透することはなく、発泡ウレタン「エアータイトフォーム」は用紙にきちんとくっついていて接着としては満足。コピー用紙から発泡ウレタンを剥がそうとすると、コピー用紙が破れるくらいだ。