発泡ウレタンの実験 | ティッシュに発泡ウレタンを塗布

発泡ウレタンのエアータイトフォームは粘性があり、乾燥前のフォームはティッシュペーパーできれいにふき取ることは難しい。発泡ウレタンをティッシュペーパーに塗布すると接着するのか、何が起こるのか、吐出した勢いでペーパーが千切れるのか、破れるのか、その確認。


市販されている普通のティッシュペーパー。薄いティッシュが二枚重ねの状態。(2枚で1枚)材木の廃材が原料というエコティッシュ。

吐出10分後くらいの発泡様子。でこぼこが減ってきた。

吐出30分後くらいの発泡様子。艶がでてきて丸みがでてきた。全体的の大きさの変化はわかりずらい。

吐出60分後くらいの発泡様子。さらに艶と丸みが目立って、10分後と比較すると膨らんだのがわかりやすい。

吐出60分後くらいのティッシュペーパー裏側の様子。萎れて、変色してる。少し浸透したのだろう。


テクニカルセンター担当者コメント

今回の発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を使う実験は、ティッシュペーパーに発泡ウレタンを直接吐出するといった実験だったが、コピー用紙や新聞紙と同様でティッシュペーパーの裏までフォームが完全に浸みることはなかった。たたし、裏側は歪んで固まる。ティッシュの場合は、薄いペーパーが二枚重ねになっているため、発泡ウレタンに触れる側は浸透したが、その二枚目のペーパーまで浸みない感じだった。発泡ウレタンとティッシュの接着相性は悪くないが、何かのときに参考にしたい技術ではある。