発泡ウレタンの実験 | キッチンペーパーに発泡する

発泡ウレタンをキッチンペーパーに吐出する実験。余分な油を吸い込んでくれるキッチンペーパーだが、発泡ウレタンは染み込むのか。発泡ウレタンが吐出される状態は、水や油のような液体ではないため、発泡ウレタンを塗布しても、ペーパーはぐじゅぐじゅにならない。


吐出前のキッチンタオル。パルプ100パーセント。

吐出1分後くらいの発泡様子。でこぼこが多く、濡れているような感じにも見える。

吐出10分後くらいの発泡様子。でこぼこも減ってだいぶ大きくなった。平べったい。

吐出30分後くらいの発泡様子。表面の見た目はあまり変化ないが、すこし大きくなった。表面は固まっているが、押すとまだ全然柔らかい。

吐出60分後くらいの発泡様子。見た目の変化はあまりわからない。。まだ少し柔らかい。

吐出60分後くらいのキッチンタオル裏側の様子。ほんの少し黒っぽいのが透けているが浸透はしていない。

キッチンタオルが薄く2枚重ねだったので剥がし、めくってみると濡れているように色が変わっていて少し浸透してる。


テクニカルセンター担当者コメント

今回の発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を活用する実験では、市販のキッチンタオルの上に直接吐出するといった実験だが、今回、硬化は少し遅かった。これは季節的なことであり気のせいだと言えるが、発泡ウレタンの見た目変化は、吐出して10分後くらいがわかりやすい。キッチンタオルの裏側から発泡ウレタンの接着箇所を見ると濡れ見えるが、湿ったり、濡れてはいない。