発泡ウレタンの実験 | 小石や砂利を接着固定

発泡ウレタンは発泡固定材としても使える。バラバラな形をしている小石など、接着固定するために発泡ウレタンのエアータイトフォームを使用する実験。リアルに、水洗いをしていない小石、砂利を使用した。泡が小石に付く感じに覆うように発泡ウレタンを吐出。もちろん、吐出した半生のウレタンフォームの上に、小石や砂利などを飾るように置いて接着させるのも面白い。硬化後、石は落ちない。


どこにでもあるような小石をビニールの上に乗せ施工。ビニールはポリエチレンでこの小石はテクニカルセンターの前で拾った。

吐出1分後くらいの発泡様子。小石をまんべんなく乗る様にに吐出した。

吐出10分後くらいの発泡様子。小石を覆うように大きくなってきた。

吐出30分後くらいの発泡様子。表面は丸み帯びてきた。こういうキノコありそうだ。

吐出60分後くらいの発泡様子。見た目の変化はあまりない。

吐出60分後くらいの裏から見た様子。小石の上にしか吐出していないが、発泡してビニールにつくまで大きくなった。石と石の間に現場発泡ウレタン入り込んでいってる。


テクニカルセンター担当者コメント

今回の発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を使用した実験は、ビニールに小石を乗せ、全体に発泡ウレタンを覆うように吐出した実験だが、意外と、形の違う小石のひとつひとつを包み込むように接着ができ、表側も裏側も不思議な形だった。裏側から見ると、小石と小石の間から見えるブラックエアータイトフォームなら石に見えなくもない。コンクリートや石などにも接着ができ、ブラックエアータイトフォームなら色も似てるので、部分補修などでは目立ちにくいので良い。