発泡ウレタンの実験 | 木炭などの炭を接着させる

発泡ウレタンは木炭と接着する。実際、木炭に対して発泡ウレタンを使う用途は稀だが、木炭など粉っぽい材料でも、発泡ウレタンのエアータイトフォームは軽く接着する。今回、アウトドア燃料の備長炭を使用。指で触った感じ、木炭の表面は少し粉っぽい状態だ。


バーベキュー等で使う木炭。触ると手が黒くなるやつです。

吐出1分後くらいの発泡様子。はみ出ない様に吐出。

吐出10分後くらいの発泡様子。ぼこぼこが減ってきた。

吐出30分後くらいの発泡様子。芋虫のようだ。

吐出60分後くらいの発泡様子。でこぼこはなく、表面はかなり滑らか。触ると気持ちいい。


テクニカルセンター担当者コメント

今回の発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を使った実験では、市販の木炭に、下地プライマー処理せず、ダイレクトに発泡ウレタンを吐出するといった実験だったが、結果的に、結構がっちりと接着ができた。木炭は表面が細かく見ると平坦つるつるではないので、表面にきちんとフォームが入り込み、食いつき、よりうまく接着したと思われる。