発泡ウレタンの実験 | ゴムホースやパイプの中を埋める。

発泡ウレタンを使用して筒やパイプの中に詰め物、栓をする実験。実験は外から見えるように、水道用の透明ゴムホースを使用。発泡ウレタンをホースの内部で詰まらせて固める実験だ。応用として、鉄パイプの中を埋めたり、充填、塩ビ管の内部を充填する場合に参考となる。


水槽関係で使用していたゴムホースをカットしたもの。

吐出1分後くらいの様子。

吐出10分後くらいの様子。 色が少し濃くなって、気泡が目立ってきた。

吐出30分後くらいの様子。空気に触れる表面は硬化しているが、ホースの外側から押すとまだ柔らかく、硬化していない。

吐出60分後くらいの様子。10分後から変化は少ない。


テクニカルセンター担当コメント

この発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を使った実験では、ゴムホースの中に発泡ウレタンを充填する前、水霧吹きを行わなかったため、空気の触れにくい内部側は硬化は非常に遅かった。傾向として、発泡する量も少なかった。